スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の再現

今月の初め、あなここを飛び出して、約一週間で戻ってきました。
大変なお騒がせ騒動を起こしてしまいました。
お詫び申し上げます。

私に視線を集めるのが目的だったのか?と、考えていました。
注目されて、満足でした。
しかし、注目されたいだけではありませんでした。


私は、ここ数か月、人から見放される存在だと、
証明して歩いていました。
そのきっかけは、すね、いじけ、私はダメ、無力・・・という思考です。

孤立する方向であるとわかるのに、
どうして、破滅の方向を選ぶのか。

私は、母と気持ちを通わせたことがありません。
子どもの頃、どんな感情を持っていたのか、
言いたいけれど、感覚と、説明する術がありませんでした。

本来なら、豊かな感情と表現力を手に入れられなかったもとである、母に、訴えるべきですが、
母の圧倒的な支配の前に、私は無抵抗でいるしかありませんでした。

誰かにわかってほしかったのです。
私はこんな目に会ってきたと。

言葉にすることができなくて、
私が無抵抗になる状況を私が作り出し、
私は無抵抗の再演をして、
過去の私の状態を、誰かにわかってもらおうとしたのが、
今回の家出事件でした。
一番わかってほしかったのは、きんたろうさんとりんりんさんです。
そのために、あなここじゅうを混乱させてしまいました。




私は体調を崩しても、病院へ行きませんでした。
私が子どもの頃に、病院へ連れていってもらえなかった過去の再現をして、
私はこんなふうに体調が悪くても我慢してきたのよ、
夫に訴えていた行為だったと感じています。

立ち食いは、食べ物の好き嫌いを許してもらえなかった、
出されたものを黙って食べる無抵抗の訴え、
身だしなみに無頓着なのは、
好きな洋服を選ぶことができなかった
無抵抗の再現ではないかと考えています。

我慢することが美徳だとして、
母から我慢させられていた過去をみようとしていないのは、
我慢してきた歴史を握りしめていることで、

母から愛されていたと思いたい
お母さんを好きでいたい
が根底にあり、それもまた、証明し続けているのではないかと思います。

しかし、母の前では、無抵抗だった、我慢していたと訴えたい

グルグル渦巻いている感じです。


誰かにわかってもらおうとするのではなく、
私が、過去辛かった
我慢してきていた
と感じていくこと
表現していくことが、
今後、過去の再現をしてアピールすることを
やめていくことにつながるのだと考えています。


スポンサーサイト

母に復讐してやる<ACアダルトチルドレン>

私は、過去を振り返り、母に対して怒りがほとんどわきませんでした。
母に怒られたくないので、母を怒らせないように、
私の意思で母の意に沿うように、いい子をしてきたので、
私が決めたことだから、母のことをとやかく言う必要がないと思っていました。


先日のセッションで、唐突に言われたように感じました。
「復讐して満足してる?」
あ!!!!!
満足感、してやったり、にんまり感があります。
私が子どもを生まなかった理由は、
そもそも子どもが嫌い30%、母を喜ばせたくない70%
母に孫を抱かせてなるものか。
喜ばせてなるものか。
私は子どもを生まないことで、母に復讐をして、
見事、復讐を達成し、満足感を味わっていました。
これが、私の最大の復讐です。

表向きは、結婚して親を安心させ、
裏では、復讐。


母から怒られないようにしていたのは、
母は怒ることで満足しているんじゃないかと考えたからです。
私が母の意に沿うことで、母は怒る機会を失う、
私が怒りの種を差し出さない、それが私の復讐。

表向きは、母の望むいい子になって、
裏では、復讐。
怒られないという、私にとってのメリットもついてきます。

母に満足感を与えないように、全身全霊をかけていたとは。
復讐をしたことで、私が満足していた。
自分の意思を出せない怒りを、満足感で消していた、
ぴたりとはまりました。

なんてこったい。
自分の人生を歩んできたつもりでした。
しかし、復讐にかけた人生だったとは。

私が平静を装うのは、私が母から怒られてアワアワしたら、
失敗した~と思ってあたふたしたら、
母は、私のダメなところをさらに突き、倍返しがくる。
それこそ、母を満足させる、母の思う壺、と思ったから。
私は母へ満足の種を与えず、ひとりほくそ笑む。


一方では、母の意に沿い、自分の意思を出せずに窮屈な思いをし、
一方では、復讐の快感を捨てきれずに復讐し続けた。
どうにも動けない綱引き状態でしたが、
私は復讐することで満足し、メリットを得ていました。
だから、私の望む人生を歩んできたと言えます。
母のために、こんな人生を送ってきたのかと思うと、脱力です。

悲しいでもなく、悔しいの一言では終わらず、
まだ、私の感じる力、表現力が足りません。

私の復讐は、母を満足させないことです。
私がへんちくりんな人になったことに、どんな復讐のからくりがあったのか、
これからじっくり考え感じてみるところです。
小学校の卒業アルバムに、編集者からの一言で、
私はちょっと変わっているけれど面白い、と書かれていたことを思い出しました。


以前、自堕落な生き方で親へ復讐している記事を読みました。
アダルトチルドレンへの処方箋~主体性の欠如
この記事は、当時の私にとって、受け入れがたい文章がちりばめられていて、
スルーしました(笑)
今でも、受け入れがたい文章はありますが、方向性はあっていると感じます。

夫に対して、私がどんな復讐を企てていたのか。
これから細かく検証せねばなりません。
自分の人生を取り戻すために。

続きは、アメブロに。

我慢を意識しよう<ACアダルトチルドレン>

4期生のグループセッションでは、我慢を意識することが課題に上がりました。

我慢が日常ですと、我慢しているつもりがなくても、
我慢を誤魔化すための言葉をつぶやいていたりします。

私がよくやるパターンでは、
あっちではなくて、こっちで済ませよう。

自分では、有効、お得な気がしています。
ところが、よくよく考えてみると、
これで済ませようと決めたことが、かえって面倒くさいのです。

私が元職場で普通にしていたことが、面倒くさいことだったとわかったのは、
洗い物を増やさないように、面倒くさい方法を編み出す、
物を動かせば後が楽なのに、動かさずに、遠いところを何往復もする、
の二つが大きかったです。

洗い物を増やさない方法は、最後まで残り続けました。
後で洗えばいいこと、と思っている人が、調理器具をどんどん使うと、私はイラ~
私の配列が原因だとわかっていたので、
私がこの配列を崩せばいいのはわかっていても、
洗い物がいやだったので、最後までイライラしていました。

物を動かすことは、あとが楽だったので、すぐに実行していました。
物を動かしたら、誰かから「動かしたな!」と怒られるんじゃないかと、萎縮していたのだな、と今思うことです。
遠いところを行ったり来たりしているほうを、面倒くさいことをするなと注意されました^^;

お知らせ

9月から、振り返りも含め、複数人でのセッション料金を請求いたします。

プロフィール欄に、リンクで料金記事へ飛ぶように設定しました。

インターン生二人組のセッションは、試み中でして、ボランティアです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

お知らせ

あなここインターン生として、活動中です。
気持ちの整理をしたい、
話しをしたい、など、いつでも声をおかけください。


セッション料金は、
個別 1000円
お二人で(トリプル) 700円
三人以上のグループでお申込み 500円

お一人さま一時間の料金です。


料金計算方法は、
例)個別で2時間10分の場合
 1000*2 + 1000*10/60=2166

請求時、一円単位は切り下げて、2160円です。


翌月初めに、一か月分の請求書をPDFファイルで送り、
お振り込みをお願いしております。
振込先は、請求時にお知らせいたします。
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。