スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の振り見て 

職場ネタ続きます。

まずい状況に陥ったときの言い訳、
人によって言い訳もさまざまですが、
自分の正当性を言っているようで相手を責めているようにしか聞こえない、
「私はこうしておきました」
現状があるのはあなたのせい、と聞こえてくる。


責められると思っているから、責められないように本人は言っているだけ。
私はやるべきことをやりました、と。
そこには「私は悪くない」が含まれていて、
悪くないと思っているということは、どこかに悪者がいるという前提があるから思うことであって、
私は悪くないから「あなたが悪い」になる。

人から責められると思っている(妄想)ことが、実は人を責める結果となっている。

分析は置いておいてもよしですが、
私も同じことをしていたはず。

スポンサーサイト

職場のあの人

新人さんがずっと立ったままいるのでどうしたのか聞いたら、
めんどくさいだろうから聞かないほうがいい
 (私がめんどくさがるだろうから質問しない)

私は思わず言い返していました。
めんどくさかったらめんどくさいと言うから聞いていいよ

内心ぶ~(`ε´)、口調は優しげに・・・いや怒っていた^^;


こんなん言われたと一緒に働く人にも愚痴ったら、
聞いた人はもれなく新人さんに腹を立てていました。
もう教えてやるま~
^^;


新人さんが聞きたくなくなるのも、わからないではないのです。
仕事が遅い、やったことを覚えていないから、新人さんに対して口調が厳しくなる。
それで、聞きたくなくなるという悪循環。

忘れちゃいけないのは、新人さんが入ってきたおかげで気の会う職場の人と休日をあわせて出かけられるようになったことです。
それと、新人さん抜きのコミュニケーションが増えたこと、愚痴も愚痴でないものも増えました。

思い違い

スーパーの惣菜屋さんで働きはじめ、約2年が経ちました。
実はこの意味だったのか!と思ったことをふたつ。


早く商品を店頭に出すことが要求されます。
私は動作が遅いという自覚があります。
「急げ」という自己暗示もあります。
その状況で、
あと何が(作り)残っている?
と聞かれたとき、
お前はぐずでのろまで・・・
スチュワーデス物語のかめさんのような^^;
遅い、と責められているのだ思っていました。
しかし、
尋ねた人が、私用で早く帰りたかったから、
あとどのくらいの時間があれば作り終えるのか、
確認のために私に尋ねた、
という場合もありましたし、
たくさん残っていれば手伝いましょう、
という意味で尋ねてきていたこともありました。
責められていたのではなかった!
とわかったときの衝撃といったら。。。


お米を炊く量が、当日作るお弁当の数で変わってきます。
前の上司は指示があったので、その通り炊けばよかったのですが、
新しく来た上司は指示を出しません。
こちらが尋ねても、これだけ炊いてと指示が返ってこないので、
米飯担当がお弁当の数から逆算してお米を浸水するのですが、

少ないより多めに炊くほうがいいと私が判断して炊いてみたらかなり余ったというとき、
ごはんがたくさん余ってる、何しようか?
と言われたら、
こんなに大量に炊いてどうするん
と私が責められているのだと思っていました。
しかし、
余っているという事実を言って、
余りのご飯でお弁当を作り足すのか足さないのか、
まわりにうかがい助言を求めていただけなのでした。


自分が責められているように思うということは、
私も人を責めている
と思うこと多々あります。

お好み焼き

スーパーの総菜コーナーで、広島風お好み焼きを焼き始めて4か月がたちました。
焼けるようになって、嬉しかったのは確かですが、お好み焼きがと~~っても好きだ、ということが判明しました。
私が熱く語ったのは、そこに情熱があったからでした^^
思い返せば、誰かに、知って欲しい、そう思いながら語っていました。

どうして、大阪風ではなく、広島風が好きなのか。
出会いは、たぶん、縁日の出店です。
思いだすのは、ソース味の焼きそば、卵、干しエビの味、半月の形。
縁日という、非日常で味わった、ちょっとした我がままが通った記憶。
つながっているのか、どうなのか、つながるという感覚が、いまひとつ、はっきりしません。


それでは、オタフクソース伝授のお好み焼きを紹介します。
オタフクソースのHPにも、つくり方が紹介されています。

鉄板は、おうちにないので~
直径約20cmの円が2つのるホットプレートか、フライパン2つで作ります。


Okit.jpg これがあれば、便利、広島限定販売?
 ほかに用意するのは、キャベツ、もやし、豚バラ肉、卵、ソース


家で、生地を作る場合、
水150cc、みりん2.5cc、薄力粉100g、を混ぜます。
意外と簡単だ。

O1.jpg フライパンにお水をたらして、大きい水玉がころころする状態(220℃くらい)
 生地を、お玉の裏を使って、丸くのばします。直径約20cm
 穴はふさいでおいて^^;




O2.jpg 千切りキャベツ山盛り
 天かす
 もやし
 削り節粉
 豚バラ肉
 つなぎの生地、の順に、上にのせていきます。
 さらに、ラードをのせますが、サラダ油で代用。




O3.jpg ヘラで、ひっくり返すのが基本、私は、別のフライパンにひっくり返しました~。
 お肉が焼けるまで強火、それから、中弱火に落として、キャベツを蒸します。
 ひっくり返してから7-8分 ←ここ重要
 キャベツの甘みを出すために、このくらい時間をかけます。




O4.jpg 最初にのばした生地が小さかったので、キャベツを蓋することができなかった・・・
 そこで、鍋のふたをかぶせる!という暴挙に出ました。




O5.jpg キャベツを蒸す間に、空いているフライパンで焼きそばを蒸します。
 ソースで味付け、丸く形を整えて、




O6.jpg 焼きそばの上に、キャベツの山を乗せます。


O7.jpg 空いたフライパンに、卵を丸く伸ばします。
 鉄板とヘラがあればな~もっと、きれいに、上手に伸ばせる^^



O8.jpg 卵の上に、そばとキャベツの山をのせます。


O9.jpg ひっくり返して、卵が上になった状態が完成。
 この写真を、とり忘れてます~~^^;
 たれ、青のり、お好みでマヨネーズをつけて、どうぞ^^


これが雑談か^^

朝一で、
「昨日の午後、こんなことあったんよ」
と、楽しそうに、話しかけられました。

話の内容は、私には笑えないことで^^;
行き違いによる、仕事を増やした系のお話しで、
お互いに、一言、ちょっとだけ、声を掛けあっていれば防げたことなのに、
私には、登場人物の聞くに聞けない気持ち、
仕事を増やしたことが、素直に笑えなかったのですが、

話をしていたら、
「誰かと一緒に笑いたかった」と。

その出来事を見ていておかしかった、という気持ちを、
私と一緒に味わいたかった、ということでした。

私では、役不足だったかもしれないけれど、
私に話してくれた気持ちが嬉しかった。

私が素直に笑えなかったのは、
過去、自己否定していた部分だったから
聞けばいいことを聞けない私
仕事を増やす私
自分を否定している所は、他人の同じ所も否定しているのだと思うのです。
そして、他人を否定する自分を嫌悪するという、、安全な場所へ。

最近は、聞いた方がいいと思ったら聞くように心がけ、
過去の自分も否定しないように心がけ、
くじけることもある(TT▽TT)

誰も否定していなかったから、笑い話になったんだろう
その笑いは、人をバカにしているのではなく、暖かさを感じた
そんなことを思いました。

プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。