スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ち~ん

は~
しょぼぼ~ん
あ~あ
ご~ん

これら、自分の認めたくないところを、
しかたがないな
本当のことだし
自分が間違っていそうだ
認めるか ちっちっ

というときに、出てきます。
下に行くほど重症。
あ~あ、あたりまでは、自分でも笑っていられます。
認めたくないところを、自分で発見できれば、
おっ私ってやなヤツ~
これから直そう
直さなくても、わたしはいい
とか、思えるかもしれない。

ところが、人から指摘されると しょぼぼん ご~ん


何にご~んとしていたのか、忘れていましたが、一つだけ思い出しました。

相手の言葉が、私の優越感をくすぐる時に反応、
もしかして、私ってすごい?
ねえ、すごいって言って
みたいな感じでしょうか。
私のことよね、と確認をとる。

とられた相手は、どう思うのでしょうか。
この人、何?私の言ってることわかってないの?とか、思うのでしょうか。
人がどう思うかではなく、私はこの癖を止めたい。

私の劣等感や自信のなさが、そうさせているのだろうな~と思うのですが、
どこから手をつければいいのか~。
目標、確認しようとしている自分を意識できるようになる。

スポンサーサイト

自己逃避

過去に意識が飛んでいて、
 あの時、こんなことあった、
 こんなことされた、
主に、母ですが、被害者意識が、頭から離れない状態がありました。

被害者意識は、いつしか一人歩きを始め、
動けない自分は、被害者なのだから、仕方がないのだ、と
自分に非はない、他人のせいだ、と思っていた時期のことを思い出してみると、

意識が飛んでいる
人の言葉が素通り

まさに、自己嫌悪に陥っている状態とそっくりだと、思い当たりました。

被害者意識に浸っている私は、何もする気が起きなくて、精神的引きこもり状態。
自覚が大ありだった時期は、何カ月もありました^^

じっとしていれば、白馬に乗った王子様が助けに来てくれると思っている
何もしなくても、誰かが助けてくれる
私には、それだけの価値がある

無意識ですが、かなりのプライドの持ち主と言えるでしょう^^;
待ち続けることが、苦にならなくて、その位置が、なぜか居心地がよかった。

動けない理由として、他人のせいにすることはかなり有効^^;

思う存分浸ったところで、白馬の王子様はいないということが、わかったのですね。

その場所に居続けるもよし、出るもよし、
出た方がいいのはわかるが、動きたくない^^;


そんな時に、私が変わろうと一大決心をしたのは、
あなここを卒業していく人、変わっている人を目の当たりにして、
私も、近付きたい
誰かに変えてもらうのではなく、私が変わろう
そう思ったのでした。

この決心が、ぐらついたら、
自立した世界に行きたい、私が変わる
を思い出しています。

自己嫌悪も確かにありましたが、被害者意識のほうが、圧倒的に大きかったと、振り返って思います。

続きそうだったシリーズ、とりあえず終了^^;

何か 気になる

自己嫌悪が、当たり前すぎて、
自己嫌悪の仕組みが、いまひとつ、ピンとこなかったのですが、
過去の自分を分析したいという、
どうにもこうにも逆らえない欲求が、むくむくと湧いてきました。

過去の私に、何が起きていたのか知りたい
それに尽きるので、回復の、回り道かと思っています。

りんりんさんのブログ
「自己嫌悪の仕組み」
を読んで、今日は、さわり。
現在のことです。

やってしまった と思う、ということは、
やらなければよかった自分像というものがあるからこそ、
そこから、外れたことに対して、出てくる気持ちであって、

もし、なにしてもOKと、自分のことをとらえていたら、
やってしまった という気持ちは、出てこないのではなかろうか、と思う。

変えよう
私が変わろう
という気持ちがなかったら、
やってしまったという気持ちも、生まれないのではないかと思う。

やってしまった と、思うことは、向上心のしるし。

後悔と反省。


このシリーズ、続きそうな気配。

母の日であった

今年も、プレゼントを贈ってみました。
去年は、義理でよし、と割り切って送ったのが、
つい、この間のことのようでもあり、ずいぶん前のようでもあり。


お礼の電話では、母は、と~っても嬉しそう。
喜んでもらえてよかった、とは、素直に思わない私。

喜ばせたくない、という気持ちもある。
選ぶ時は、何を送ったら喜ぶかな、と考えているのに。

まだ、仕返ししたいという気持ちも、うっすらだけど、あると思う。

もしかしたら、母は精一杯のことをしてくれていた、
かも、かも、かも
という気持ちも、ある。

今年の母の日の、母に対する気持ち。
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。