スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がピンクレディーを踊っていた

ピンクレディーがデビューしたのは、私が10歳の年、小学4年生。
私は、ベストテンを家族で観ていました。
黒柳徹子さんと久米さんの司会が面白かったことを覚えています。

私が友達の和の中に入ろうと必死こいていた頃です。
私はクラスメイトのボスキャラに取り入っていました。
小学5年生のクラス替えで、木村○○子ちゃんと同じクラスになり、
私は他の子には見向きもしなくなっていきました。
その前、たぶん小学4年生の記憶です。

理科室のとなりに、アルコールランプ、ビーカー、人体模型などが置かれた準備室がありました。
掃除をするためたっだのか、何かの用事があったのか、
クラスメイト4、5人で私は準備室にいました。
先生の姿はありません。
なぜか、そこで、ピンクレディーの物まねをすることになって(笑)
誰かが見ているところで歌って踊る自分を想像して、
ものすご~く恥ずかしくなっていました。
ですが、私は歌って踊っていました(*´▽`*)
準備室はガラス戸棚が多いので、ガラスに自分の姿が映っていました。
二人一組になって、二組できていたはずです。
私はけいちゃんのファンだったので、けいちゃん側。

もしかしたら、物まねを前提に振りを覚えようと、友達と話しをしていたのかもしれません。
一曲歌い終ると、床に座って、友達と顔を見合わせて大笑いしていました。
照れ隠しの意味もありました。
ペッパー警部を歌って踊りました。
一曲だけで終わった感じもしていません。
数曲踊っていたと思います。

友達と、時代を共有していた頃の、
人と一緒に、その時に流行った歌を歌って踊って笑い転げた記憶です。
中学生になると、テレビを見なくなり、特定の友達以外とは付き合わなくなりました。
そして、数十年たち、また、人と関わり始めています。
失った時を越えて、今また取り戻そうとしているのかもしれない、
そんなことを思います。

スポンサーサイト

感情の解放と感情の一致は違う<ACアダルトチルドレン> 追記あり

セッションで出てくる言葉です。
感情の解放
感情の一致

どちらも、感情を感じるという意味で、私はこの二つを区別せずに受け取っていました。
しかし、感情の解放と一致は違います。

はじめは、もやもやだけでわからずにいたなにか。
それが、タイムラグを発生させずに怒りを言えた時が、
感情解放できたとき。
怒りだけでなく、「美味しい」「楽しい」などを言えた時でも、同じです。

「感情を感じている」
けれど、抵抗があり言えないという時期を経て、
「解放」に至る。

さらに、解放し続けると、
「一致」に至る。
記憶と言葉と感情が一致した瞬間。

コミュニティで、腰に手をあててスキップするという宿題が出たことがありました。
そういえば、あったっけ(;・∀・)
はじめは、なんか楽しい?
楽しいかも。
「楽しい。」
スキップを繰り返すうちに、感情が一致し始め、
スキップするだけで、過去にスキップして楽しかった記憶がよみがえり、
「楽しい」と言える。
こんな感じでしょうか。
おかしいところがあったら、突っ込んでください^^;
一致した感覚が希薄なもので。



ここから、違いがわからずにいた頃の私の第三者委員会↓
私は感情を感じているはずなのに、
恐怖感を捉えていない=一致していない、
ということは、本当に私は感情を感じているのか。
恐怖感は感じていないけれど、楽しいは感じているということなのか。
頭の中は大混乱を起こしていました^^;


追記:
「私はこの食べ物が好き」という感覚は一致しています。
私が「好き」と胸を張って言えた最初の食べ物が「肉まん」でした。
おばさんが肉まんをお土産に持ってきてくれて、たらふく食べたことが、
嬉しい感覚を伴って思い出として出てきたときでした。
肉まんが好き、という感情が一致した瞬間です。

私はベジタリアンから出発し、ベジタリアンの壁を壊し肉食になり、
お肉が美味しいと言えるようになり、
今では、
鳥の皮が最高に美味しいと言ってます。
「美味しい」と言ってこなかったので、言い方がこっけいだとセッションでは言われますが(;´∀`)

プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。