スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また やってきた

久しぶりです孤独ちゃん、なるべく自分をいぢめないように書こうと思います。

事の起こりは、どうして私は自分を肯定したくないのだろう、とふと思ったことでした。

私を肯定することが、いつのまにか、「偉い、素晴らしい、理想の人」と自分が思えることと、とらえているのも問題だが。
私を肯定すると言うことは、自分を大切な存在だと思えることだと思うのだけど、そこに行くまでに、
いや違う、私は何もできない人だ
と自分で自分を否定して、いつまでたっても自分を肯定するところへたどり着けない。
自分を悪者にする甘美な誘惑と一緒。

んー、なぜだ
私は、誰かから肯定されるのを待っているからだ。
やっぱり、行きつくのは、母から認めてもらいたい幼い私の叫び。
自分がダメな人なら、母が認めてくれるという、私が作り上げた思い込み。
大人になり、道ですれ違うだけの人にも、ダメな人として対応する癖がついてしまっている。

私は、心に蓋をしてきました。
「私は幸せに生きている」という蓋と、
「私の気持ちは、たいしたことではない」という蓋。
この二つ目の蓋のおかげ?蓋のせい?で自分の悩みなどたいしたことはないと思えます。
すると、人の気持ちもたいしたことではなくなってしまい、今まで、かなりのポカスカをやってきていると思います。
一番の被害者は、家族でしょう。


あの時、ギュッと抱きしめてもらいたかった。
でも、その望みはもう叶わない。

孤独だ
悲しい

孤独ちゃんは、どう蓋をしようにもしきれません。
私は私の心がわからない、と思うこともあるのですが、孤独ちゃんは、明らかに私のもの。
私に、私のことを考えて、私を大切にして、と訴えているようです。


心にもっと分厚いクッションが敷いてあれば、孤独感が和らぐのか、
クッションがあるから、孤独感が出てきたのか。
自分で自分を抱きしめても、忘れたころにやってくる孤独ちゃんでした。

スポンサーサイト
コメント
はじめまして
大した事ではない
という蓋
とても共感しました。

私も時々深い哀しみに襲われます。
これは抑えても蓋が出来ないものでした。

>心にもっと分厚いクッションが敷いてあれば、孤独感が和らぐのか、
 クッションがあるから、孤独感が出てきたのか。

孤独感があるから、自分じゃない他の誰かを思う気持ち 
も溢れて来るんだろうか と感じました。
2010/04/01(木) 22:23 | URL | u-たん #8mQnrvzk[ 編集]
u-たんさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。

心の蓋も、深い悲しみも、私だけが感じているのではないと知りながらも、
こうしてコメントいただくと、嬉しいです。
私だけじゃないのよねって、再確認しました。

> 孤独感があるから、自分じゃない他の誰かを思う気持ち 
> も溢れて来るんだろうか と感じました。

こう考えると、自分にやさしくできます。

u-たんさんのお名前、りんりんさんのブログでお見かけしておりました。
遅くなりましたが、u-たんさんのブログにも、行きます~。
2010/04/02(金) 14:45 | URL | ちえ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。