スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出せない

荷物の移動は無事終了し、ネットもすぐつながりました\(^▽^)/
過去の経験が少しは活かされました。

ここ何回かの引っ越しは、NTT東→西、ADSL←→光、モデムの交換で、5日不通は当たり前でした。
私の失敗もありますが、NTTの対応も、あまり気持ちがいいものではない(苦笑)
今回は、契約条件の変更とモデムの交換が無く、電話の周りをごっそりそのままカーテンに包んで持ってきました^^
カーテンや、タオル、私の洋服をクッション代わりにするのは、いい案だと思っているのですが、新居で困ります。
わかってはいても、やりました^^;


段ボールに囲まれた生活ですが、コミのトピにあがっている「暖かい記憶が思い出せないのはなぜか」を、考えずにはいられませんでした。
私は、圧倒的に負の記憶の方が多いと思っています。
一年前は、二十歳前の記憶はほとんどなかったので、それに比べれば、少々の暖かな記憶と、負の記憶が思い出せたことで、「私は生きてきたんだなぁ」と思いました。

母から理不尽な叱りを受けたこと、これが暖かな記憶を覆っています。
かわいそうな自分を手放したくなくて、負の記憶にしがみついている気もします。
母を悪者にしておきたい、その母がいい人であるはずがないと思いたい。
いい記憶もないに違いないと思っている。

母との辛い思い出が、悔しい、悲しい感情と一緒に出てきます。
母を責めるのではなく、その時、何も言えなかった小さな私の為に、ただ、涙がこぼれます。

祖母とは、暖かな記憶しか出てきません。
父の記憶は、負から暖かい記憶へ変わりました。

物心ついた時は、母は嫌いで好きだった。
母との暖かな記憶は、母が嫌いだと思っているうちは、出てこないのか、出てくるのか。。。
母が好きな私を認めたくない、この辺りに原因があるのだろうかと思います。
スポンサーサイト
コメント
お疲れ様
おはようございます。

引越し、お疲れ様です。
まだ、これから大変なんでしょうけど^^;。
ダンボールに囲まれながらのブログ更新、
アッパレ^^。

母親との温かい記憶の出にくさ、同感です。
だからこそ、追い求める意義も
大きいのかなと思います。
2010/04/27(火) 07:32 | URL | とれっく #-[ 編集]
ちえさんへ
ちえさん、こんにちは。
お引っ越し、無事に終われらたようで、よかったです。
お疲れ様でした^^

ちえさんと同じで、私も父に対しては、負からあたたかい記憶へと変わっています。
でも、母に対しては、とても複雑な思いがあります。
好きだけど、嫌い。
嫌いだけど、好き。
やさしかった母、怖かった母、話を聞いてくれていた母、頭ごなしに怒っていた母…。
自分の中で「中間」というのがなく、「両極端」なのです。
だから、今も心がとても揺れます。

私の場合、まだ心の中に「母はやさしい人だったはず、私のことを大切に思っていてくれていたはず」という思いがあって、記憶を辿る中で、何か決定的に打撃を受けるものが出てきたらどうしよう…と、記憶を辿ること自体に恐怖を感じているところがあります。
そして、今のがちがちに固まった気持ちだと、あたたかい記憶も、自分の中で、負の記憶に変換してしまっているのだろうなという思いもあります。

>いい記憶もないに違いないと思っている。
私もそうなのです。

そして、
>かわいそうな自分を手放したくなくて、負の記憶にしがみついている気もします。
私の中にも、そういう思いもあります。

母とのことは、自分の中で「核心の部分」です。
だからかな?
今は思い出そうとすると、まだ危険信号がチカチカする感じがあります。
ご近所さんや、友達、先生など…ちょっと違った角度から、記憶をたどっていきたい…そんなことを思ったりします。

思いつくままに長々と…失礼をば^^;







2010/04/27(火) 11:48 | URL | まるこ #aN9AbwgY[ 編集]
とれっくさんへ
こちらは、こんばんはの時間です^^

ハイ、段ボール、家具の移動はしたけれど、これからです^^
段ボールに囲まれて、パソコンに向かっています。
しかも、罪悪感ほとんどナシ。
今までの、「一刻も早く片付けなくっちゃ」は何だったのでしょう。

暖かい記憶が、「出にくい」という表現、ぴったりです。
出てきたら、何かが変わりそうな気はしますね。
2010/04/27(火) 21:31 | URL | ちえ #-[ 編集]
まるこさんへ
おそば、ごちそうさまでした^^

まるこさんも、お父様のこと悪者だと思わされていましたか?i-228
私は母から、父の愚痴を聞いて育ちました。
だから母が大変なのは父のせいだと思っていたんです。

AC的思考なのでしょうね。
いい人は悪いことはしない、悪い人はいいことはしない、そう思ってしまいます。
私も、負の記憶に変換していることが、たくさんあるだろうと思います。

> 今は思い出そうとすると、まだ危険信号がチカチカする感じがあります。
私も、危ないと思ったら、深追いしません^^
何か別の方法もあるかもしれませんね。
今はそっとしておいて、時が来たら思い出すのか、よくわかりませんけど、思い出せない自分を責めるのだけは止めようと思います。

> 思いつくままに長々と…失礼をば^^;
いつでも、どうそ~^^
2010/04/27(火) 21:59 | URL | ちえ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。