スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、は~、な日記です

引っ越しで一番気がかりだったのは、母へ連絡すること。
そこかいって^^;
一昨日、電話しました。

私が何を思い感じていたのか、見事にシャットダウン。
私は(母と話すことは)大丈夫、平気、平気、何でもな~い。

こんな感じに思い込もうとしていました。

母が私のことを思ってくれているのはわかるのですが、
今の今でも、そこを無理やり捻じ曲げて理解しようとしている私でした。

嫌い嫌いも好きのうち
関心(執着)がなければ、好きも嫌いもないんでしょうかね。
親に関心のない人はいないか。
母のことを考え始めると、ドツボにハマりそうなので止めておきます。

母に言いたいこと、まだたくさん出てきそうです。
そうかそうか、と私が聞いてあげるのが精いっぱい。

今まで気付かなかったのですが、私にも禁句があった^^;
多くの人が聞き流すであろう言葉に、カチ~ンとして、母に文句を言いたくなり、
耳を塞ぎたくなる台詞を聞くと、私は身の置き場がなくなる。
だからドラマを「くだらん」と理由を作って見なかったんだな。
学生の頃、「昨日のドラマ見た~?」の会話には怖くて入れなかった。
ドラマを見ての感想が出てこなかったし、何か思っても人とかけ離れていて、恥ずかしくてとても言えなかった。
「私はドラマは見ないんだ」、この言葉には、
私はあなたとは違うんです(これ、わたしのツボ^^)
という、変なプライドが入っていたんだな。
スポンサーサイト
コメント
ちえさんへ
ちえさん、こんばんは。

>嫌い嫌いも好きのうち
>関心(執着)がなければ、好きも嫌いもないんでしょうかね。

母には相変わらず、「会いたくない」を通している私。
母と距離を取ってから、もうすぐ1年になります。
ここ半年ほど、いちばん下の妹が、私の気持ちも、母の気持ちもわかるからと、間に入ってくれることが多いのですが、その妹に「おかんのことを、それだけ嫌がっていると言うことは、お姉ちゃん、それだけ気にしてるってことと違うん?」と言われたことがありました。
まさに…そのとおりで、返す言葉のない姉でした。

母は、話をしてもわからないと思うし、変わらないと思う。
それなら、それで、しかたがない…頭ではわかっていても、「こんな私に誰がした!私の人生返して!」という思いもあれば、「いやいや、私は楽しい、幸せな子供時代を過ごしてきたんだ」と、この期に及んで、まだ「事実」を認めたくない自分もいる。
母の周り、変わらない事実の周りをぐるぐる回っている自分を感じます。

ちえさんも、お母様からお父様の愚痴を聞かされて、育ってこられたのですね。
うちも同じでした。
家の中では、父ひとりが「悪者」で、母は「かわいそうな人」でした。
長女であった私は、姉妹の中でも特に母の味方で、父をとことん悪者呼ばわりしてきました。
でも、実は、そうではなかった、それは逆で、また、自分が母から支配されてきた…その事実を知ったとき(私は、中尾さんのカウンセリングで、その事実を知りました)は、まさに驚愕でした。
ものすごいショックでした。
そして、その時点で、負の記憶ばかりだったと思い込んでいた父との記憶から、あたたかなものがたくさん出てきました。
ちえさんも、もしかしたら、同じようなご経験をされてきたのかなと思っています。

「いい人は悪いことはしないし、悪い人はいいことはしない」
あ~その感覚も、ものすごく自分の中にあります。
そして、完璧な「いい人」になりたがってきた、今もなりたがっている自分がいます。
これも、またAC的思考なのか…。

「ぐりとぐら」(拍手コメ、ありがとうございました^^)
森の中で、大きな卵を拾って、カステラをつくって、森の動物たちといっしょに食べるというお話ですが、実は私も記憶の中では「卵焼き」でした。
でも、40年近くも前に読んだ絵本ですが、卵が出てくることは、記憶に残っているのですね~^^
同じ頃に、同じ絵本を読んでいた…ちえさんとの不思議なご縁を、ここにも感じています。

>私は、あなたとは違うんです。
今の私にも、あります。
私も、これ自分のツボかも…と思いました。

またまた長々…再び失礼をば^^;


2010/04/29(木) 23:03 | URL | まるこ #aN9AbwgY[ 編集]
ドラマ
ちえさん、おはようございます。
わたしも、ドラマ見てませんでした。
見ても、見流してした。
感想とか、あまりありませんでした。
全て別世界のことと、自分の中で置いていました。

マザーとか、見てみようかとも思うのですが、
近づけない自分がいます。
母子ものはまだまだ受け入れられないわたしです。
なんでかな。

「ちりとてちん」と「龍馬伝」は、ガッツリ見ています。
いいわあ~とウットリ見られる自分を嬉しく思っています。
2010/04/30(金) 07:35 | URL | みどり #vjxjSD1M[ 編集]
まるこさんへ
こんばんは~

するどい妹さんですね。
その妹さんが話を聞いてくれていたんですね。
私にも妹が一人います。
仲が悪くは無いのですが、私の防護壁が近寄らせませんでした^^;
これからは、違う関係が築けそうな気がします。

母に話をしても、チンプンカンプンでしょうね、こちらが撃沈します、たぶん。
私も、わからせたい気持が時に出てきます。
母の周りを回っている感覚、衛星の様なのですよね。
吸い込まれないようにするだけで、エネルギー使います。
私は彗星状態に近いかもしれません。
ダークな世界に吸い込まれそうになると、あわてて脱出。
遠いところで静止していれば、それ程被害は受けない感じです。
完全脱出するには、暖かいエネルギーがいるのかもしれませんね。

> 家の中では、父ひとりが「悪者」で、母は「かわいそうな人」でした。
同じ構図です(苦笑)、私も、中尾さんのブログを読んで、
初め、ウチはどうかな~、とよくわかっていなかったのですが、母が支配者だと仮定して読むと、あまりにも当てはまることが多くて、Σ( ̄ロ ̄lll) ガチョーンでした。

> そして、その時点で、負の記憶ばかりだったと思い込んでいた父との記憶から、あたたかなものがたくさん出てきました。
その通りですよ~、これは嬉しかったですね。

> そして、完璧な「いい人」になりたがってきた、今もなりたがっている自分がいます。
白黒思考+存在の不安、とでもいいましょうか^^;
バランスが悪い、視野が狭い、そこにも通じているような気がします。
生き辛いのですけど、スーパーいい人、いつも穏やかで、明るい人を目指していました。
今はどうかというと・・・なれない自分を責めるのは止めようと、気がつけば思えるのですけど、気がつかないと、泥沼に。

「ぐりとぐら」はカステラでしたか。
そういえば、そんな気もしてきました^^
シリーズがあるのは知りませんでした。
私も、本屋さんへ行ったら、童話コーナーへ参ります。
ホント、不思議なご縁ですね~。

> >私は、あなたとは違うんです。
> 今の私にも、あります。
うふふ、私にもありますね、以前は無意識に、今はちょっと意識上に。

> またまた長々…再び失礼をば^^;
今日は、私も長々と^^
2010/04/30(金) 23:35 | URL | ちえ #-[ 編集]
みどりさんへ
こんばんは~
ドラマ見なかった派ですね、お仲間^^
私が好きで見たのは、百恵ちゃんの赤いシリーズまでです。
百恵ちゃん=薄幸の美少女というイメージです。
小学生の頃は、そんな百恵ちゃんにあこがれていたのでしょう。

> 感想とか、あまりありませんでした。
私は、ああ、そう、そんな感想しか出てこなかったのです。
夏休みの宿題、読書感想文は、9月に入ってから書いていたと思います、大嫌いでした。
こんなことは、よく思い出せます(苦笑)

私が近づけないのは、学校もの、「サザエさん」。
聞きたくないセリフ、雰囲気、そういうものを受け付けられない感じです。
サザエさんは、私が味わった嫌~な感覚が再生されるからなのですが、
なんとか先生はなぜでしょうね、今度考えてみよう。

「ちりとてちん」は見てました、一回だけ^^
好きな朝の連ドラの一つです。
「龍馬伝」も見てますよ~。
> いいわあ~とウットリ見られる自分を嬉しく思っています。
はい、自分を嬉しく思う感覚、わかります^^
竜馬の真実?昨年末にテレビで放送したのですが、史実(ホントのホントは謎ですけど)とドラマと比べちゃって、のめり込めない^^;
ドラマをドラマとして楽しんでいないと、今気付きましたが、それはそれでヨシということで、自分に甘~くいきます。
2010/05/01(土) 00:19 | URL | ちえ #-[ 編集]
再び、ちえさんへ
ちえさん、こんにちは。
またまた、来てしまいました^^;

いちばん下の妹は、5歳違いですが、同じ家で育ってきたのに、こんなにも違うのか!?と思うほど、違うのですよ。
人も物事も、とても冷静に客観的に見ます。
妹は私に「お母さんはお姉ちゃんのことしか見てなかったから、私は楽やったもん^^」と言いますが、やはり、いちばん上は、親の波をまともにかぶってしまうのだろうな~と、しみじみ感じます。

私の心にも「防護壁」あります^^;
妹と、心の話をできるようになったのも、ここ最近のことです。
自分が、壁をちょっと開いたから、できるようになったのかなぁとも感じます。

家族。
いちばん近いのだろうけれど、ややこしかったり、煩わしかったり、果てしなく遠く感じるときもある。
何とも不思議なものだと感じます。

お母様とのこと。
私も、ちえさんと同じ思いです。
私も完全脱出するには、暖かいエネルギーが必要だと感じます。

「あなたとは違うんです。」
私も今は、意識上にあると感じています。
これって、ACプライドなのかなぁ…。

みどりさんのお返事への「赤いシリーズ」に、心がぴくぴく^^
見てました~と言っても、うちは9時以降のテレビは見せてもらえなくて、翌朝に母からどんな話だったか聞くような子供時代^^;
自分で見たのは、再放送だったから、もう少し大きくなってからです。
友和さんが刑事役で、スプリンターだった百恵ちゃんが、間違って友和さんに撃たれて下半身不随になるお話…。
番組名が思い出せないけれど、「赤い疑惑」とそのドラマが好きでした。
私も、百恵ちゃんにあこがれてました。



2010/05/01(土) 18:32 | URL | まるこ #aN9AbwgY[ 編集]
まるこさんへ
いらっしゃいまし~

兄弟でも、違いますね。
「お姉ちゃんしか見ていない」が、状況やそれぞれの感じ方で、寂しくなったり、楽になったり、いろいろなのでしょうね。
私も母の波を多くかぶったのかも^^
私の妹は人気者で、やっぱり私とはあまりにも違っていて、嫉妬心も湧きません。

> 妹と、心の話をできるようになったのも、ここ最近のことです。
そうでしたか~。
家族だと、話しにくいと感じること多いですね^^;

> 「あなたとは違うんです。」
> これって、ACプライドなのかなぁ…。
最近の4月始めの中尾さんの記事に、「自分は特別だ、そう思わないとやってこれなかった、そうやって自分を守ってきた」こんなニュアンスの言葉を見つけました。
これだ~と私は思いました^^

あ~っ、小学生は9時に寝るように言われてました。
次の日が休みの日だけ10時までよしって。
赤いシリーズは見ていたはず、特別に起きていてもよかったのかな。
私もスプリンターの百恵ちゃん覚えてます。
「赤い疑惑」も、なつかしい^^
2010/05/01(土) 23:34 | URL | ちえ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。