スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖かいような、そうでないような

ずいぶん前に思い出してはいたのですが、自分で納得することができないでいた思い出があります。

私が幼稚園児、土曜日、母は仕事をしていて、昔の土曜といえば半ドンです。
その日は、なぜか、祖母が家にいなかった。

私は、毎日ではないけれど、鍵を持たない鍵っ子でした。
ああ、そうだ、「盗られるものは何もないから」と、母はカラカラ笑いながら、よく言っていました。
鍵をかけずに仕事に出ていたのか?
その土曜日は、私のために特別に鍵をかけずにいたのか?
その土曜日が特別だったのか、普通だったのか、とても曖昧としています。

幼稚園から家に帰り、
「誰もいない・・・もうすぐお母さんが帰ってくるはずだ、迎えに行こうかな」
そう思って、母が降りるはずの駅まで、今歩けば10分くらいの道のりを迎えに行きました。

あと50mで駅、というところで、母が歩いてくるのが見え、おかあさ~んと言いながら駈け寄り、
「よく時間がわかったね~、よく迎えに来てくれたね」
そう言われたのがとても嬉しくて、涙が出そうになりました。
そのすぐ後、泣きそうな自分が恥ずかしくて、涙をこらえて笑顔を作っていました。
そのあとは、ルンルン気分で、野草を摘みながら家に帰ったような。。。

この記憶は、嬉しい記憶と恥ずかしい記憶、作り笑いをした記憶、誰かいると思った家に誰もいなかった寂しい気持ち、そういうものがごっちゃに出てくるので、単純に温かい記憶だとは思えなかったのでした。

嬉しい記憶だけ取り出してみたら?
そんなのできな~い
嬉しかったけど、それだけじゃない~

本当に駄々っ子のようだ^^;

一人で歩けた環境
一人で迎えに行こうと思った私
一人で歩いてきたことを、危ないと咎めず、よく来たと言ってくれた母

書き出してみると、嬉しいと思ったのは確かなことだったと思えてくるから不思議です。
当時の情景と暖かい感情が、初めて、今、感じられました、というより、自分で認めました。
スポンサーサイト
コメント
ちえさんへ
ちえさん、こんばんは。

>嬉しい記憶だけ取り出してみたら?
>そんなのできな~い
>嬉しかったけど、それだけじゃない~

あ~その感じ、わかります。
私も駄々っ子…いやいや私は、意固地です^^;


>書き出してみると、嬉しいと思ったのは確かなことだったと思えてくるから不思議です。

記憶をたどり、言葉にしていくことで、そのときに感じた自分の思いも蘇ってくる…私も不思議だと感じます。
ゆっくり思い出し、じっくり言葉にしていくこと、とても大切なことなんだろうなと感じます。

子どもの頃のちえさんの嬉しい記憶、ありましたね^^
2010/05/08(土) 19:47 | URL | まるこ #aN9AbwgY[ 編集]
No title
ちえさん、読みながら、私の気持ちも
ステキにほのぼのとしてきましたァ。
どうもありがとう~♪
2010/05/08(土) 21:07 | URL | Eggi #-[ 編集]
まるこさんへ
こんにちは~
私も、長いこと意固地やってました^^;
一人の人に両面性があることを認められなかったのです。
自分にも言えてますね^^

母が私を大切に思っているのは事実で、
母の子育てで私が傷つきながらも、愛情をもらっていたというところに、落ち着きました。
まだ一気に、お母さんありがとうには行きませんが^^

他人に理解してもらおうという思いが出てくると、文章にするまでに、いろいろなことが頭の中をめぐりますね。
今回は、書くまでと書きながら、自分の思いを消化するという作業も入って、書き終わる頃には、気が済んでいました。
恐るべし、ブログの威力です。
2010/05/09(日) 15:01 | URL | ちえ #-[ 編集]
Eggiさん
私のほのぼのが伝わったんですね~♪

たった一つの思い出が、こんなに威力のあるものだとは^^
2010/05/09(日) 15:06 | URL | ちえ #-[ 編集]
伝わりますね~
私も同じように、母を迎えに行ったことがあります。
母はまだ仕事が終わらなくて、一緒には帰れなかったのですが、
やっぱり優しく迎えてくれました。
窓のところに背伸びして、一生懸命母をのぞいた私に。

私にかけてくれた 母の声 優しい言葉が思い出せないの。

「ひでき~e-266」ってのは思い出せるんだけど。

でも、その時の母の暖かさは 確かに感じました。

2010/05/15(土) 18:56 | URL | u-たん #8mQnrvzk[ 編集]
u-たんさんへ
母の言葉は脚色しているかもしれません(笑)
母の暖かさを感じた、そう、本当にそんな感じです。
他人の感情を一緒に感じた、ということかもしれません。

「ひでき~」と言えば、私には西条秀樹(笑)
u-たんさんには、お兄さんなんですね。

ところで、伝わったのですよ、うなぎも、不思議です。
坂道は、私も後から、気が付きました。
凍っているとは思わなかったんだろうなって(笑)
2010/05/15(土) 22:31 | URL | ちえ #-[ 編集]
そっちの西城さんです☆
母が大好きで、TV見てきゃーキャー言ってたの。
ローラ~の頃ですかね♪

もう母が亡くなって29年です。うわっそんなに経つのか。

私にかける優しい声が どんな声だったのか、本当に思い出せないの。
でも、感じる 私を思い出しました。
2010/05/16(日) 09:51 | URL | u-たん #8mQnrvzk[ 編集]
u-たんさんへ
あ、そっちの西条さんでしたか^^;
合いの手のように、「ひでき~」ってファンの声が入ってましたね。

u-たんさんは、お母さんの思い出がギュッと凝縮されているんですね。
記憶は、自分で都合のいいところだけ覚えていたりして、あいまいで、不思議です。
感情を思い出すことが、大切なんでしょうね。
2010/05/16(日) 21:04 | URL | ちえ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。