スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日

悩ましい母の日が過ぎました。

小学校で、カーネーションの造花を、買ってか?、プレゼントをしていた記憶があります。
「おかあさんありがとう」と書かれた短冊が花についていて、安全ピンがついたブローチのようなものだったと思います。

なんで皆は母に感謝するんだろうか?
と思いながらも、母には感謝しなければいけないのだと、私は思い込み、私の感覚がおかしいのだと思っていました。

反抗期、ぶつかっても、ぶつかっても手ごたえのない母に、当時は、口答えをするなと言っていた母が怒らないという妙な感覚がありました。
中学生時代は怒っていましたが、高校生になると怒りは消えていました。
今、思うのは、のれんに腕押し状態だった。
私は、母に無視をしないで、と言い続けていたのだと思います。
その願いがかなわないことがわかると心を閉じた、感じないようにしてきたのでしょう。
ここ最近です、私にも負の感情があって、蓋のしようがないと気付いたのは。
その負の感情のもとは、大体ここ。


結婚してからは、夫に変に思われないように、母の日プレゼントを送っていました。
これも、かな~り変な理由です^^
送られた母は、ありがとうと言いますが、わるいわ~と遠慮感をたっぷり漂わせています。

さて今年、初めて自分から送ろうと思いました。

義理で。

しかも、これから。


母に、自分からプレゼントをした記憶が出てきました。
初任給をもらった年のクリスマス、家族全員に一つずつ。
その時の気持ちはこうだったと書けるほど、出てきていません^^;

ちょうだい体質だった私^^
プレゼントをあげることに、非常に抵抗があります。
もらって迷惑だと思われる物は、差し上げられない
お返しを、と気づかいされると申しわけない
などなど

ただ素直に、ありがとう、そういう受け取り方をする方がいるとは、思えなかったのです。
私がもらった時も、ありがとうより、申しわけないの方が大きかった。
母譲りだったのか、、、今まで、それ以外知らなかったのだから、仕方がないと思っています。
スポンサーサイト
コメント
ちえさんへ
ちえさん、こんにちは^^

「おかあさんありがとう」の短冊がついた、ブローチのようなカーネーション。
私にも覚えがあります^^
覚えているということは、私も、子どもの頃に、プレゼントしていたのかなぁ。
ちえさんは、そのときの気持ち、覚えてらっしゃるのですね。
私は、どんなことを思っていたのかなぁ。

ちえさんは、反抗期がおありだったのですね。
私は、自分の記憶の中では、反抗期というものは、ありませんでした。
すぐ下の妹は、ずっ~と反抗期で、よく母からもガミガミ言われてましたが、私は「なんであんなに反抗するんだろう」と横目で見ていました。
でも、今思えば、妹の中にも、ちえさんと同じように「私を無視しないで」という思いがあったのかもしれないと、感じます。
私は、どうだったのかなぁ。
もしかしたら、もっと小さい頃に、「何を言ってもダメだわ」とあきらめ、だから反抗期もなかったのかもしれません。

ちょっとゆっくりの、母の日の贈り物^^
決まりましたか?
「義理で・しかもこれから」
あえて言葉にされた…ちえさんの中で、何かが変わりつつ、芽生えつつあるのかなぁと感じています。

「今まで、それ以外知らなかったのだから、仕方がない」
今までは、そう。
でも、ちえさん、何かをつかまれて、変わろうとされているではないかと…。
変化の予感を感じます^^

「ちょうだい体質」…ふふふ、私も^^;

またすっかり長居。
ちえさんのところは、居心地良くて、ついつい長居しちゃいま~す^^
2010/05/11(火) 12:43 | URL | まるこ #aN9AbwgY[ 編集]
まるこさんへ
こんばんは
カーネーション、覚えがありますか。
同じ年代だから、一緒かもしれませんね。

> ちえさんは、反抗期がおありだったのですね。
ふふふ、お友達の中には、反抗期のない子もいましたね。
私は、親に対する不満は小さい頃から持っていたんです。
その不満を捨てられなかった^^
でも、抑えていて、思春期に口に出すようになったのだと思います。

> もしかしたら、もっと小さい頃に、「何を言ってもダメだわ」とあきらめ、だから反抗期もなかったのかもしれません。
そうかもしれませんね。
親の意に添いたい、そう言う気持ちを、まるこさんは私よりずっと強く持っていたのでは、と思いました。
まぁ、比べられるものではないかもしれませんが^^

母の日の贈り物は、無くなるものと決めていまして^^
数年は続けてお酢ドリンクでした、今年もその路線です。
どうしようか考えているうちに、日にちはどんどん過ぎて、ありがちです^^;
義理、やっぱり夫の目を気にしています。

> あえて言葉にされた…ちえさんの中で、何かが変わりつつ、芽生えつつあるのかなぁと感じています。
おお、するどい。
ここに書きたいところですが、次回の記事にしてもよろしい?
って、勝手に次回の記事にしますね。

> 「ちょうだい体質」…ふふふ、私も^^;
私、自分のお菓子を人にあげる気がしなかったの。
ケチケチ体質だったかしら^^;

> またすっかり長居。
お茶は出ませんが、いつでもどうぞ~^^
2010/05/11(火) 23:16 | URL | ちえ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。