スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体重に拘ります

アダルトチルドレンと拒食過食は相性がいいと思います。
私は高校生時代に拒食、大学生時代に過食をしていました。
一回ずつというのが、私らしいです。

高校生、特に太っていた訳ではありません、たぶん普通。
初めは「細い」に憧れて、ちょっと食事量を減らしただけ、それが、自分の体重を管理しているという快感に変わっていきました。
一カ月に一キロくらい減量する、健康管理の為にする自分の体重コントロール。
すごいことをしている自分に、うっと~り。

当時、自分という感覚が無かったのだと思います。
高校時代は、私が最も幽霊を目指していた時期です^^
寂しさを、人でうめず、自分を管理することでうめていたのでしょう。
体重管理ができる私、というプライドを着て歩いていました。

体育の先生に、「体重落としすぎなんじゃない」と言われ、非難されたと思い、
下剤で痩せすぎてしまった学友に、「飲んでるの?飲んでないならいいんだ」と言われても、
私のことを心配させてしまったと、自分を責めていました。
それは違うだろう、おいおい、って今なら思うんですけどね。

幽霊だから、気付かれてはいけない!('-'*)フフ
生きたい、という希望はあったので、自分で止めました(^_^)
3キロ体重を増やそう、またコントロールしようと思ったのですが、3キロではとどまらず、2年後には20キロ増。
あうこんなみにくい自分はやだ、そう思っていました。
今は、ちょい太めで落ち着いています。


私たち家族内の会話ですが、母は「マーちゃん(5つ上のいとこ)は太っている」とよく言っていました。
笑って、バカにしている感じ。
「あなたは太るんじゃないわよ」という命令と、私が太ったら人からバカにされる(軽蔑される)という思い。
これが、私を縛っていました。
社会の風潮にも、流されやすい。
ぽっちゃりが好きな人もいる、にわかに信じられない感覚です。


私の体重コンプレックス、もういらないと思えてきました。
体重は、自然にまかせつつ、現状維持で^^、でも、普通がいい~。
スポンサーサイト
コメント
^^
ちえさん こんにちは。
私も経験者です^^

体重へのこだわり、私は捨てるのに長い時間が かかりました。
いえ、今も、ちょっとだけあるかな^^

去年、手術を経験して、それからは自然に任せています。
やっぱり体が大切だから。

今は、ぽっちゃり?どっしり?
ちょっと、怖いかもですが・・・^^;
でも、本音は、普通がいいです~
2010/05/14(金) 15:59 | URL | 風の実 #6hIm054Y[ 編集]
風の実さんへ
こんにちは
経験者のコメントを、ありがとうございます。
AC感覚の人は、理想の体重のストライクゾーンが狭いのでは、と思います^^;

去年でしたね、手術を受けたとコメで読みました。
術後の食欲注意^^

体重へのこだわりは、体のことを考えれば、少しくらい持っていてもいいですよね。
2010/05/15(土) 00:17 | URL | ちえ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。