スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃の事実

夫のこと、よくわからなかったのですが、ちょこっと見えてきました。


何カ月か前に確認してたのは、結婚当初のこと、
「私がいないと大変と思わせたい」
傍目には、尽くすタイプ、でしょうか。
見捨てられないように、しがみつき、依存する人(言葉が見つからないので、りんりんさんのブログでのお言葉を拝借しました<(_ _)> )

思い起こせば、小学校3年生くらいで級友に依存していました。
会社に入ってからでも、思い当たることは、恐ろしいくらいに出てきます。

共依存と呼ぶらしい・・・
私も共依存者だったのか、うそでしょ~と思った、衝撃の事実。
これも、何カ月か前の話です。


結婚生活も年を追うごとに、「こんなに尽くしてあげているのに、何も見返りが来ない」、「私は大切にされていない」と怒りを溜めこんでいくようになりました。
私が傷つく言葉を平気で投げかけることもありました。
しだいに、溜めこんだ怒りは夫に降り注ぐようになりました。

例えば、夫「お弁当持っていきたいから、作る気ない?」
この問いかけが、私が夫を支配していた臭いがします。
私、「いいよ」
断ったら、大変なことになるって思っていたのです。
その反面、心の中では、めんどくさ~、何で私が作んなくちゃいけないの、自分で買ってよ~という怒り。
そんな怒りが私の生活を支配していました。

私の怒りの出し方。

ケチをつける
無視する

無視という武器で、相手をコントロールし、依存させる人。(りんりんさんのブログでのお言葉をまた拝借しました<(_ _)> )

無視は意図的にしていたので、わかっていましたが、夫の話にいちいちケチをつけていたのは無意識でした。
全ての会話に怒りが満ちていたと言っても、過言ではありません。
まあまあ口数の多かった夫は次第に無口になり、私は仕事で疲れているんだろうと思って、私も無口に。

ぴゅ~~


耐えていたのは私ではなく、夫らしい・・・えっマジ(゜o゜)
夫に依存して、頃合いを見計らって依存させていた、ということか。ひょえ~(+o+)

今は、嫌なことは嫌と言い、しょうがないと妥協したり、
夫の言葉を否定する必要もなくなり、私はこう思うと違う意見を言ったり、
夫もしゃべるようになりました。


私が歪んだ基盤を持っていたとはいえ、傷つく言葉を投げかけられ、私が耐えていたことは、忘れ難く、怒りは消えません。
執念深い^^;
傷ついたと一言いえれば、そこで終わっていたのでしょうね~、強がっていたので言えなかったけど。
夫のことを私が本当はどう思っているのか、解決の糸口が見えてきたような気がします。

それより、自分の心がよくわかっていなかった人、私^^;と、約20年も一緒に住んできた夫が忍耐強いというのは確か。感謝。

スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/30(日) 17:55 | | #[ 編集]
鍵コメさんへ
コメントありがとうございます^^

夫のことを忍耐強いと思ったのは、私をこてんこてんに責めたことが、あまりないからですね。
だから、お互い無口で長い間やってこれたのでしょう。

執念深く、怒りを持っていても苦しいので、どうしたら捨てられるか、
それがわかるまで、とりあえずのポイです。
2010/05/30(日) 23:02 | URL | ちえ #-[ 編集]
ちえさんへ
ちえさん、こんばんは^^

>衝撃の事実
お~!
私が、自分の「衝撃の事実」を知ったのは、つい先日のことでした。
家族ではないけれど、「距離」が近くなると発動するのだと、ご指摘いただきました。
今までも、さんざんやってきたことなのに、また繰り返そうとする…。
自分のことなのに、自分でやっていることが、全くわかっていない…。
まさに「衝撃の事実」であり、自分のことながら、愕然としました。
でも、ご指摘いただいたことで、自分の不可解な行動を、少しばかり自覚できるようになってきたように思います。
道を示して下さることは、本当にありがたいです。

>私の怒りの出し方。
ちえさんは、ご自分の感情を感じ、そして、ご自分のことを、ちゃんとわかってらっしゃる^^
それは、ものすごいことで…ちえさんの確かな歩みを、感じるのです。
私も、自分のこと、少しずつわかることができるように、がんばる^^

>傷ついたと一言いえれば、そこで終わっていたのでしょうね~
私も、そうなのかもしれません。
言えない言葉を長年ため込んで、もやもやだらけ…それが心にフィルターをかけているのだと…それもご指摘いただいたことでした。

>執念深い^^;
私は、すごく執念深いです。
ちえさんにもありますか…?

>夫のことを私が本当はどう思っているのか、解決の糸口が見えてきたような気がします。
ちえさん、すごいです^^
私も、自分のことがわかるようになれたら、見つけられるかな?

私も結婚して約20年。
>耐えていたのは私ではなく、夫らしい・・・えっマジ(゜o゜)
うちもです(-_-)
そして、忍耐強い…うちもです(-_-)
夫でなければ、家族はもっと違う方向に行っていたのではないかと思います。

また、すっかり長居してしまいました^^;
ちえさん、書いて下さって、ありがとうです^^
2010/05/30(日) 23:56 | URL | まるこ #aN9AbwgY[ 編集]
No title
ちえさん、何だかドンドンと
明るい道が広がって行ってますねェ~。

私は職業柄、すぐにワンコさんと飼い主さんの関係を想像してしまうのですが、
特に、ちえさんの最後のメッセージは
【自分の心がよくわかっていなかった人間と、
生涯一緒に住んできたワンコが忍耐強いというのは確か…】
…って読めてしまいましたァ~〈爆〉

ところでです、
ダーちゃんのクンクン散歩の様子を伝える、
ワンコブログの方の記事ですが、
ちえさんご一家の穏やかさを、
最後のダーちゃんのえへへ~の写真が如実に語っているようで、
すごく嬉しかったです~♪
(これ↑、日本語になっている?)
2010/05/31(月) 15:33 | URL | Eggi #-[ 編集]
まるこさんへ
こんにちは^^

私が衝撃の事実に気付いたのは、何カ月か前なのですが、その実態を垣間見たのはこの日です~。
いやはや、もっと濃い中身がありそうですよ。

まるこさんの「衝撃の事実」
> 自分のことなのに、自分でやっていることが、全くわかっていない…。
これも、きついです。
指摘はありがたくもあり、心にぐっさりきませんか。
私は、衝撃の事実を人から指摘されるのが嫌で、なにくそ~って、頑張っていました。
助けを求めるのが下手だったのもありますが、カッコつけて言ってみました。

> 私も、自分のこと、少しずつわかることができるように、がんばる^^
はい^^
私も、どこまで自分のことがわかっているのか、それはわからないのです。
何が出てきても自分であると、認める勇気が出てきた、というより、認めないとしょうがないというところに追い込まれた感じです。
その勇気も時にくじけて、一時保留もあります。


言えない言葉を長年ため込んで、もやもやだらけ…それが心にフィルターをかけているのだと…それもご指摘いただいたことでした。
ああ~、このことかもしれません、私が書いた次の記事は。

もし、今、夫に言われたくないことを言われたら、
「君が間違っている」と言い返しそうです。
事実の確認は二の次で^^;

> 私は、すごく執念深いです。
> ちえさんにもありますか…?
あります~。
あの時のことが許せない~、って何年前の話でしょ^^;
少しずつ、紐解いていく必要がありそうです。
私も、これからです。

> 私も、自分のことがわかるようになれたら、見つけられるかな?
「自分の中に答えがある」これも、名言集に入れましょう^^

> 夫でなければ、家族はもっと違う方向に行っていたのではないかと思います。
はい、私も同じように思いました、あの夫だから今まで来れたのだと。
感謝はしても、どうしてくれようこの怒り、が鎮まるのはまだ先になりそうです。

私に怒りは無いと思っていたのですけど、ありました。
2010/05/31(月) 17:33 | URL | ちえ #-[ 編集]
Eggiさんへ
楽しい時は楽しんで、
落ち込んだ時は落ち込んで、
理想の自分になれない私を責めるのを止めたら、こうなりました(笑)
理想の自分をずいぶん捨てました、かなり楽です。

> 【自分の心がよくわかっていなかった人間と、
> 生涯一緒に住んできたワンコが忍耐強いというのは確か…】
あはは~、そう読めますね~。
ワンコに忍耐を強いているということ、気付かないと、いつまでも続いてしまいます。
私は初めのきっかけを教えてもらって、本当に良かったです。

日本語になっています^^
Eggiさんから笑顔が私に返ってきました~。
私も嬉しいです。
2010/05/31(月) 18:18 | URL | ちえ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。