スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気がとり得

病気の時、親が優しくなかった。
私だけではなかったみたいですね。

それを思い出したのは、結婚してから、夫が具合悪いと言った時、
何をしていいかわからないという私と、憤りを感じていた私でした。
私は、母から労わりの看病をしてもらったことがあっただろうか。
普通なら心配の一つもするであろう状況に、自分は何かおかしい、と思いながら、自分のことも、具合の悪い夫のことも見て見ぬふりをしていました。


今、小さい頃を思い出してみると、私が具合悪い時の母の態度は、私の手を煩わせるな、でした。
それでも、一応の看病はしてくれるわけで、お母さんは優しい、と思い込んで

いつも元気でいなくちゃいけないんだ
少しくらい具合が悪くても、言わないで我慢していよう

強烈に私に沁み込みました。


元気そうに見える夫が具合が悪いと言うことに対し、私ならそのくらい我慢するのに許せないと思ったのです。
本当に体調不良に見える時も、心配、労わる、そういう気持ちはなかったし、私の手を煩わせるな、これが一番しっくりきます。


先日、夫が具合悪いと言った時、
ああそう、寝てれば。

すぐ後、ワンコの目に異常を見つけた時、
失う恐怖を感じました。

ふ~、やれやれ( ̄ー ̄)ニヤリ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。