スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味の素

食卓に、リアルに父の姿が、初めて出てきました。
といっても、目の前に見えた光景は、父の姿ではなく、
コタツテーブルに乗った、なすの漬物(家族全員分の)

そこに味の素を振りかける図

母に、そんな物(母にとっては迷惑)をかけるなと怒られている。
私が思いだす父は、母に嫌味を言われている事が多い(笑)


そんな父が、母に怒ったことを二回覚えている
そのうちの一回
小学一年生の私は、お年始の集まりで忙しい母に代わって、おつかいに出た
四つ折り千円札を渡され玄関を出たら、ものすごい強風でお札が空高く舞い上がった
千円という価値がよくわからなかった私、ちょっとは怒られるかなと思いつつ
「お金飛んで行っちゃったよ~」
と母に言ったら、怒る怒る鬼のよう、どうしてしっかり持っていなかったのかと
その時に助けてくれたのが父

「無くなった物はしょうがないから、怒るな」

父のお株が上がった思い出
スポンサーサイト
コメント
いいパパ

2010/06/26(土) 22:03 | URL | サキ #-[ 編集]
ちえさんへ
ちえさん、こんばんは^^
そちらは、強い雨が降っているようですが、大丈夫でしょうか?
こちらも今日は、朝から断続的に降っています。

子どもの頃の記憶、どんどん思い出してらっしゃるのですね(*^_^*)
ひとつ思い出すと、また出てくる…という感じなのでしょうか。
私は、未だにはっきりした記憶が出てこなくて、悲しかったことや怖かったことを思い出しても、なかなかそのときの気持ちを思い出すことができません…。

今日の記事を読ませてもらって、以前、ちえさんがお買い物に行くのに「しっかりお金を握りしめて」と書いてらしたことを思い出しました。
もしかしたら、今日の記事とつながっているのかなぁと…。
違ってたら、ごめんなさいね(>_<)

怒る怒る鬼のよう…私の母も、私たちが子どもの頃は、そんな感じで、また、ねちねちしつこくもありました(-_-)
そして、私も、子どもに怒るときは同じでした(-_-)

鬼のように叱るお母さん。
ちえちゃんは、とても嫌だったんじゃないか、悲しかったんじゃないか…。
そんなちえちゃんを、お父さんが助けてくれた。
ちえちゃんは、とてもうれしかったんじゃないか…と。
ちえさんの、悲しかったけれど、あったかい記憶のひとつでしょうか(^_^)

なすのお漬け物。
夏場は、うちの食卓にもありました。
うちは、まとめて小鉢に入ってました。
味の素、私もかけてました。
これは、今も変わりません。
母には、小言言われてたかなぁ…。
(主人や子どもには、言いましたが^^;)
父は言われてたような気もします。

なすのお漬け物、父の好物だったことを思い出しました。
私も好きなんですが、そことつながっているのかもしれません。
ちえさん、ありがとう^^






2010/06/26(土) 22:58 | URL | まるこ #aN9AbwgY[ 編集]
サキちゃんへ
だね。
一緒に住んでいた時は、粗大ごみ扱いしていたのだ~。
去年、74歳で亡くなったけど、今は、ありがとうって思うから、不思議だ。
2010/06/27(日) 14:55 | URL | ちえ #-[ 編集]
まるこさんへ
こちらは、まあまあの量の雨がふりましたね。
今日は蒸し暑く、不快指数150%

父が母に怒った話は、一年くらい前かな?思い出しはしていたんです。
でも、あたしの欲しいのは母の愛~
だったので、この思い出は、脇に置いてありました。
この記憶は、父に大切にしてもらったという、具体的で最大の出来事です。

私も、その時の気持ちをはっきり思い出しているかと言うと、あまり自信がなくて、
心の底にずっと流れている悲しみを感じていると言った方がぴったりかもしれません。

味の素は、カウンセリング中に出てきたのですが、
思い出の質が違うというか、何なんでしょうね。

まるこさん、いい感してます~。
お金をなくしたら大変なことがあるって、刷り込まれていました。
今でも、お財布の中に一万円札が入っていたら、入りすぎていてドキドキです。

味の素は今も使っていますか~。
ウチには、もうありません。
母は、自分で漬けた漬物に、調味料をたされるのが嫌だったのか?もう聞くこともないでしょう。

私も、父の漬物好きが遺伝したのかな、小さい頃から食べ慣れている漬物が好きですね。
2010/06/27(日) 15:48 | URL | ちえ #-[ 編集]
No title
ちえさん、
年の離れた末っ子の私には、
母や兄姉たちから
父は恐い人との刷り込みが入っていましたから、
父は恐い人だと、ずーっと子供の頃に思っていました。
叱られた経験はありますが、
でも、今では、父に可愛がってもらっていたと感じる
思い出しか甦ってきません。

父に対しては、
家族に理解されない可哀想な人だったとの思いの方が強いです。
2010/06/28(月) 15:43 | URL | Eggi #-[ 編集]
Eggiさんへ
時代をさかのぼれば、さかのぼるほど
父=家長としての絶対権力を持つ人(暴君に近い^^;)
こういうイメージが私にあります(笑)
厳しくても暖かい人、そういう人もいるのですよね。

私も、父のことは誤解していたのだと、今は思います。
母の嫌味に耐えていました。
2010/06/28(月) 18:19 | URL | ちえ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。