スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒られた♪?

仕事中、「怒られた」♪という人がいて、
反応の仕方、言葉の選び方、私と違いすぎる、不思議な世界が広がっていました。

私が、怒られた、と思う時

「あなたが間違っている、正しなさい」 怒りの形相付き

私が悪かった、次からは怒られないようにしないと・・・

私は悪くなかったかも?という選択は無し
私が正す必要があるのか、ないのか?という選択も無し

罪悪感が心を覆っていて、
怒られて、悲しかったとか、悔しかったとか、
罪悪感以外の気持ちはわからなかった状態に近いのではないかと、
最近になってそう思うようになりました。

私にとって、怒りとは、
口答えを許さず、といった雰囲気を醸し出している空気。
近付きたくない・・・怖いもの。

それ以外なら、注意。
これも怖い。

提案も、従わなければならないもので、従いたくない自分、従えない自分を罰するか、
あなた何言っちゃってるの?上から目線状態、人をバカにしていたとでも言えばぴったりな感じ。
(この違いは、人で分けていたんだろうね。
 上から目線を悟らせないように、ニコニコしながら。)



仕事場で、不思議な世界だと思った時は、普通の会話に聞こえていました。

怒られた、と思う状況が、人によって違うのだ
と、やっと飲み込めた。


怒られても好きな人
が、少し違う意味に聞こえてきました。

怒る人は嫌い
でしたが、
怒られた、という状況を広げたら、
怒られても好きな人が、誰か出てくるかもしれません。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。