スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーちゃん育て

現在、夫と5歳のワンコの二人一匹暮らし。
ワンコのしつけ本や先輩飼い主の助言で、いけないことをしたらキッチリ叱ってきました。
私も、そのように育ってきましたし、それでいいと思っていました。

また、自分に自信がなかったので、他人に頼り、しつけ本を鵜呑みにしたのです。
自分を知らなかったので、自分の何を信じるの?って感じです。
本に書いてある通り、飼い主はリーダーになるべきだという言葉を微塵も疑いませんでした。
そうして育てても、見かけは問題なく育ってしまうワンコがいることが、飼い主リーダー論は世にはびこっている一因だと思います。

飼い主がリーダーになる必要はまったくありませんでした。
Eggiさんのブログ「元祖★おしゃべりワンコの物思い★」で私は学びました。

ウチのワンコ、ダーちゃんは、叱っても、叱っても、ワンコに突進攻撃することを繰り返していました。
私の育て方がおかしいと薄々気付いたのは、3歳を過ぎたころ、遅っ。
4歳でダーちゃんを叱らずに育て始め、少し成果が出てきたところで止まってしまいました。

その時、Eggiさんがおっしゃった言葉
「何を考え、感じていますか?」
ここから、自分の心に蓋をしていたとわかり、自分探しの旅が始まったのです。

今年の初めでしたから、約10か月が過ぎたのですね。
現在のダーちゃんは、よそのワンコとの距離を縮めてきていますが、自転車や車に突進したりしています。
昨日、Eggiさんが
「ダーちゃんは、チエママが好きですよ」
と言ってくださいました。
何気なく読んでいたのですが、後で、ハッ。

私は、今の今まで、ダーちゃんの好意を心で受け止めていませんでした。
家の中の甘えん坊さんと、外の聞かん坊はどちらも同じダーちゃんなのに、
まだ、どこかで私に反抗する態度をとるダーちゃんを疑っていたのです。
それに、ダーちゃんが私に反抗しているというのは私の思い込みで、車やワンコに牙をむいているだけかもしれません。

ワンコは飼い主が大好き、頭でわかっていただけでした。
気付かなかったのは、私が気付く心を持っていなかったから。
あ~、ナント、おまぬけなアタシ、ダーちゃん、今まで気づかなくてごめんね。
私もダーちゃんが大好きだよ~

また、心の蓋がぺりっとはがれました。
どんだけあるんだ~、心の蓋。
Eggiさんとダーちゃんが、
「私は認められている」、「私は愛されている」
そんな感覚を教えてくださいました。
ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。