スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねだっていい

ある雑誌に
ねだっていいものと、ねだって悪いものの区別をつける
というようなことが書かれていました。
要求していいもの、欲していいもの、そう書いてあったなら、
そうだよな、と素通りしたでしょう。
ところが、素通りできなかったのは、
ねだる、という言葉が引っ掛かったから。

お母さんに何かねだると、お母さんは悲しむ
そう思うようになった出来事は、鮮明に覚えています。
ねだる=お金を出さずに、自分は何もせずに、欲しいものを得る
ねだっていいもが、あるのか?あるわけない。

「ねだる」には、一般的にいいイメージがついてないように思いますが、
要求するということ全般に、ネガティブなイメージを私はもっていました。

自分に禁止していることを、他人がやすやすとやってのけるのを見ると、
イラっとくるのは当然でしょう。
要求することを、自分に許して、実際に行動する(口にする)
これしか、解決策はないように思います。
そして、要求するのかしないのかを、自分で決めて納得すること・・・
これが、ねだっていいものを区別すること?

ちと、違うかな・・・
自分にできることと、できないことがわかっていて、
できないことは、誰かに要求する、ってことが、
区別をつけることかもしれない。
としたら、
自分に何ができるか、何ができないか、
それがわかってないと、区別もつけられないね。


要求をのむか、のまないか、は相手に任せないと、
私が大決心をして言ったのに、
どうして私の言うこと聞いてくれないのよ
私のことバカにしてるの
または
言うだけ無駄か・・・
という結果に。



私が何々をするとお母さん(人)は悲しむ、という思い込み。
自分の人生を生きるなら、
他人の人生の邪魔をしたくなければ、
ここからも自分を解放してあげないといけない
というのが、わかりつつある、かな。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。