スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寂しい

しっくりこなかったので、訂正箇所あります(2011/4/20 22:20)

寂しいと思うこと、感情だった?・・・


私の孤独感は、
どうせ、一人、
この世に、私を理解する人は誰もいないという気持ち、
あきらめ、
孤独が当たり前で、寂しいとは、思っていませんでした。


もしかしたら、私を理解してくれる人がいる。
それからの孤独感は、違いました。
見捨てないでほしい、
私のことだけを見てほしい、気にかけてほしい。
見てもらえたら、嬉しくなり、
見捨てられたと思ったら・・・
自分で思わないように、見捨てられるはずがない、と思い込もうとしていました。


セッションをお休みして、すぐに、寂しさはありましたが、否定していた感じです。
私の気持ちが、誰かに左右されない安定感がありました。
カウンセラーに、寂しさを埋めてもらおうとしていたんだと、ようやく気付いたのはその頃だったでしょうか。

セッションお休み中、安定感ばかりを見ていました。

戻る決心をした頃には、どうして見捨てたんだ~と、怒っていました。
私が止めると言い出したのに、戻りたいと言い出せなかったのです。
寂しい気持ちに蓋をして、何もできない自分にもどかしく、
相手に怒りをぶつけていた らしい。


寂しさを、埋めて欲しいという気持ちしか、知らなかったのですが、

ただ、寂しいという、人恋しい気持ちがありました。
人とつながりたいと思ったのは、この寂しさがあったからでしょう。

でも、寂しいという気持ちって、人が恋しい気持ち?

大切な人だからこそ、失いたくない。

誰かのことを、大切に思える自分
ここに、目を向けていたんですね。
その人を失っている、という私からは、逃げていた。。。


誰かに、「認めてよ、わかってよ」と訴えるのも、もとをだとれば、寂しさなのでしょう。


そうそう、寂しい気持ちは、なくせるものだと思っていました。
その方法は、「寂しいの、寂しいの、飛んでけ~」と呪文を唱えるという・・・
無理っぽい、つか、逃げてました^^;

私は、ずっと寂しかったんだ
寂しい気持ちを、逃したら、いつまでたっても、追ってくる

寂しい気持ちも、とても愛おしく感じています。
スポンサーサイト
甘党 | HOME | 再開
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。