スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り残され感

セッションが終わった時、満足感もあるのだけれど、
一人取り残された感を強く感じていた。

似たような感覚は、小さい頃からあって、
親戚が集まり、宴会が終わり、解散した後、
私をここに置いていかないで、と思っていた。
特に、自宅にお客さんが来て、帰っていく時。

「帰らないで」「行かないで」
私を家族の元に、残さないで
誰か、私を、連れて行って
優しそうな叔父、叔母、に、そう思っていた。


別れを悲しむ場面や、再会を喜ぶ場面を見ても、不思議なものを見ているような感覚。
本を読んでも、ドラマを見ても、人が感情を表す、その意味がわからない。
つまらん、と片付けるか、わかったふりをしていた。


セッションの後の、取り残され感は、似てはいるのだけれど、違っていたようだ。

ここにいたくないから、どこかほかに行きたい
ではなく、
ここにいたいれど、別れなくてはならない
という気持があった。

似ているのは、
「置いていかないで」

一緒にいることの楽しさ、嬉しさ、と、
取り残され感が、これから、どうなるか。
楽しさを味わえるようになれば、それが、上回ってくる気がしている。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。