スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のこと

犬ならボーダーコリーを飼いたいと思ったのは、
私の犬の好み、
中型以上(長時間の抱っこは無理)の長い顔、
という条件にぴったりはまり、
私の好きなイギリス原産であり、見た目に一目ぼれしたからでした。


ペット可の分譲マンションが建つので、見に行こうと夫をそそのかし、
見事、成功して犬が飼える状況になり、
ペットショップではなく、ブリーダーのところへ直接見に行き、
見事、夫をボーダーコリーのとりこにさせた(笑)
当時、夫はシェルティ希望でした。

5匹の兄弟のなかから、ダーちゃんを選んだのは、夫。
生後40日で家につれてきていいのだろうか?
(本によると、3か月は親兄弟と一緒に過ごした方がよいと書かれているので^^)
神経質そうな犬ではなかろうか?
という迷いをふっきって賛成したのは私。
言うことを聞かないのは、飼いにくい犬を選んだ夫のせい、
生後40日で売ったブリーダーのせいにしてきたこともありました。
もともと神経質な気質だったのかもしれません。
ところが、飼いにくい犬に育てた原因の半分以上は、私にあると言って間違いありません。
飼い主の対応次第で、飼いにくい気質をカバーできると思います。


私が二十歳の頃に飼い始めた実家の犬が、
とても穏やかな飼いやすい犬だったので、
私の犬好きはそこからだと思っていたのですが、
当時、すでに、犬は好きでした。
では、いつから?

私の犬のイメージは、
大きい犬が、床に、のんびり寝そべっている、
私大好きビームで顔をなめて癒してくれる、
これを、どこから仕入れてきたのか。
小さい頃、近所の犬をかわいがっていたのか、
(おまり覚えがない)
アニメにでてきた犬にあこがれたのか、
(フランダースの犬か、ヨーゼフか)
そこは、よくわからないところなのでした。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。