スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犠牲感を考える

被害者意識と犠牲感、似て非なるもの。
犠牲者意識とは言わないか^^;

私、被害者意識はかなり持っていますが、犠牲感はあまりない、
と思っていたのですが、いえいえ、ACの自覚がないころは、
犠牲感をかなり持っていました。

私の感覚ですが、
被害者意識は、自分は何もしていないのに相手から加害されて自分が被害者だと感じること。
私は何もしていない?
 実際何かしている場合が多々あると思います。
あの人のせいで私が不幸という感覚です。

私の一例を^^;
以前ブログにも書きました、車の鍵紛失事件です。
私が鍵を失くし、夫に怒られる、夫が怖いと震えていたことがありました。
このとき、「夫から何を言われるか怖い」だけが私の頭の中にありました。
実際、私が鍵を失くしたのが発端で、夫は何もしていないのに、
夫、加害者、私、被害者の構図を私が作り上げていたということです。


犠牲感は、私があなたのために自分を犠牲にしているのに、相手が何もしてくれないと感じること。
見返りを求める感覚です。

夫のためにご飯を作っているのに美味しいもまずいも言ってくれないと、今でも思うことがあります。
 ↑ 突っ込みどころ満載^^;


被害者意識は私は悪いことをしていないのに、
犠牲感はあなたのためにいいことをしているのに、
という感覚の違いがあります。

共通するのは、自分の意思がないところ。
かわいそうな私、
相手に対する怒り。

自分の意思で動いていたら、誰かの犠牲になったとは、感じないと思います。


次回は、職場で起きた私の犠牲感を書く、予定です(笑)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。