スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母と話したらこうなった

母と電話で話してみて、
母はやっぱり強かった。

今回の電話でどのようなやりとりが行われたかというと、

母「これこれはちゃんとしているのか?」と尋ねてきました。
私は、ちゃんとって何?と聞き返してみました。
私は母のちゃんとに沿ってはいないので、いいえと答えました。

 私はあなたの言いなりにならない
 ということだけを私が母にわからせたかった状態
 うそをついてはいけないという禁止令も効いています

母がお説教を始めました。
 「お前がちゃんとしていないから、私(母)が恥をかく」
 私の返事は「怒られている私はかわいそう」を漂わす


母とのやりとりは、相手を責めて必要のない罪悪感を抱かせる方法です。
私が夫の言動を恥ずかしいと思っていた原点はここでした。
私が母と話すと、簡単に被害者の立場へ行くこともわかりました。


母にわからせようとしても無駄なのに、やっちまった感があります^^;
この母と、淡々と話せるようになったら、
私はもっと自由になっているだろうと思う。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。