スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習をやめよう<AC回復>

ACは何を学習するのか、りんりんさんのこちらの記事をご覧ください。
学習するAC

人とコミュニケーションをとるとき、相手にどう対応するのかが、ACさんはわからない。
状況を観察して学習をしていきます。
どの状況を拾うか、スルーするか、目的は何かで、その人独特の辞書ができあがっていきます。
私もデータ集めと呼び、やっていました。
私はどう反応すればいいの~~(?_?)
そんなとき、笑ってごまかすことが多かったです。
データを集めても、集めても、予期せぬことは起こるわけで。
日常はそんなもんです。
テータ集めの終わりはいつ~~
自分の感覚を置き去りにしたまま学習しても、辞書を分厚くしているようなもので^^;
この調子で、AC回復の学習もできるのではないかと( ̄Д ̄;;

私の周りを観察してみると、感情を持っている人は、データ集めをしていないようです。
その状況で、瞬時に感情が決まり、感情が決まったら、感情にしたがって行動するか、行動しないか。

シンプル <("0")>なんてこった!!
反応する自分を変えるにはどうすればいいんだ。

私の過去を振り返ってみると、モヤモヤをとらえ、モヤモヤを言葉にして、モヤモヤ言葉を感覚としてとらえ、感覚と言葉を一致させようとしてきました。
順番はいろいろあっていいのだと思います。
この経験は人が必要です。
モヤモヤするには相手が必要ですし、言葉にするには、一人より話せる相手がいた方が早いと思います。

自分の感覚を言葉にして、感覚と言葉を一致させる。
感覚をとらえる力が小さいと、言葉にするまでに時間がかかります。
これがタイムラグ。
私、数ヶ月あることはざらでした。
現在も、タイムラグをなくす訓練中です。


感覚と言葉が一致してから、怒りや嫉妬をどう取り扱うか学習していけばいいのではないでしょうか。
ケンカは感覚を取り戻したり、表現力を磨くいい機会なのだと思います。
ケンカに限らず、感覚を言葉にしていく過程で、今まで無かった感覚、感情が生まれてくることがあるのかもしれません。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。