スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッション振り返り、なんだかどうだか^^;

私は、みそ汁が嫌いです。
ダンナはみそ汁好きです。
しかし、ダンナがみそ汁にありつける頻度はかなり低いです。

私は、みそ汁の味が嫌いなのではなく、作るのが嫌いです。
捨てることになるからです。
余ったみそ汁をとっておいて飲む、という選択は、私にはありません。
まずそうなので。
少なめに作って、ダンナのおかわりに「もう無い」という選択もありますが、
やはり、それもありません。
責められそうなので。

私がみそ汁に、いえ、ダンナに対して言いたいことは、
あなたがみそ汁を飲みたいから、私が食べ物を捨てる、粗末にすることになる。
食べ物を捨てるなんて、もってのほか。
みそ汁を飲まずに我慢しなさい。

インスタントみそ汁を出すという選択もありますが、
インスタントで済まそうとするのか、と責められそうな気がするから、やりたくない。
作れるのにインスタントを使いたくない、みょ~なプライドもあります。

ダンナから責められそう、と思っているわりには、
あなたが我慢しなさいと、私が責めているの図。


ダンナに毎日みそ汁を出そうミッションを、自分で作ってみました。
私が採用した選択は、インスタントみそ汁を出す、です。
現在5日目。
いいのかな、インスタントで楽をして、
まずいと言われないかな、びくびく
しながら、作っています。

(最近のインスタントはおいしいよ、
インスタントはまずいって、先入観でしょ。)

らくをしてはいけない、
まずいと言われたくない、←これ、かなり強力に思っています。

ミッションでは、子どもの頃の味噌汁の出しは煮干しだった、という記憶がもれなくついていました。
しかも、出しをとった煮干しがそのまま、みそ汁の具として入っていました。
頭つき、苦い、まずいです。


先日、NHKあさいちで、煮干しを水に投入して火にかけずに出しをとる方法を紹介していました。
今度やってみよう、私は思いました。
まずいものを、美味しいものへ変える荒業。
これは、私の癖です。
まずいと言いたくない。

ポテサラミッションでも、同じことが起きています。
私は三日に一回の割合で食べていました。
続けて食べないので、三日たつと、嫌だと思わずに食べれるのです。
お店をとっかえひっかえしていました。
美味しいポテサラを探す、という意図には、いいですが、
ポテサラが好きか、嫌いなのか、を判断するためなら、
数種類食べて、一番美味しいと思ったものを、食べ続けるのがいいでしょう。
私がしていたことは、ポテサラ嫌いと言わずに、食べ続ける、
嫌いと言わない、が目的になっていました。

ポテサラミッション、仕切り直しです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。