スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おけいこごと

最近、思い出したことがあります。
ちょうど、りんりんさんも書いていらっしゃいます。
記憶の捜査と罪悪感

私は小学校一年にあがった時、母からピアノを習わされました。
私が習いたいと言った覚えはありません。
気付いたら、習うことになっていました。

楽譜の読み、鍵盤の位置を覚えると、簡単な楽譜は初見でひけます。
家で練習する必要もなく(好きで始めたわけではないので、練習しようなんて思いませんでした)、遅々として進まないレッスンはつまらなく、半年くらい経ったときに、行きたくないと母に言いました。

「そんなに言うのなら、止めなさい」と母から怒られた記憶があります。
次のレッスンの時、先生に「もう止めます」と言いました。
先生から、母へ連絡が入り、私が母から言われたことは
「なぜ先生に言ったの!」
私、訳わかりません。

私が親を通さず、直接先生に言ったことが、気に入らなかったらしいのです。
私の止めたい意思は冗談で、まさか、本当に止めるつもりだったとは思わなかったらしいのです。

次のレッスンは、母も同行し、なぜか私は続けることになりました。
りんりんさんの記事を読んで、わかりました。
私は母の意に沿うように行動していたのですね。
高校を卒業するまで続けましたが、人前で弾けるレベルには達していません。
好きで弾いていたのではないから、それが当然なのでしょう。
頑張っても、ダメだった、と私は学習。
罪悪感から、止めるとは言いだせなかったのですね。

その後、あなたは一人前だからというメッセージはもらっていないので、
何をするにも、母の許可、誰かの許可が必要でしたよ。
もう、そんな許可はいりません。
それより、嫌だといった私、すごいじゃないか。

Eggiさんのコメントに、ドッグスポーツママの心理とありました。
私はダーちゃんとディスク、アジリティをやってきましたが、
このコメントを読むまで、まったく気づきませんでした。
身に着いたパターンは恐ろしい。
スポンサーサイト
コメント
No title
ちえさん、私はピアノのお稽古とか
児童合唱団で歌ったりしましたが、
でも、それは、私の希望だったので、
ちょっとニュアンスが違うのですけれど…

でも、Dixieと競技会に出場していた頃は、
ステージママの心境が強かったのだと
述懐しています…
自分の気持ちの揺れ動きを理解した後だから、
ステージママの言葉が出てきたのでしょうね…

でもね、競技会出場云々はともかく…
健康だったDixieと一緒に何かをするって、
やっぱり楽しかったです~♪
2009/11/08(日) 15:15 | URL | Eggi #-[ 編集]
Eggiさんへ
私がドッグスポーツを始めたのは、
お散歩広場でディスクをしているワンコ、人を見たからなのですが、、、
ダーシーを使って、自分の価値を高めようとした
これが、深層心理だったと思います。
自分が親から道具のように扱われ、私もワンコを道具として扱っていた、
私の場合は、ここに落ち着きました。
だから、叱りとばすこともできたのですね。

Eggiさんのステージママには、もっと愛情を感じますよ~♪
きっかけとなったディスクドッグママも、ワンコを大切にして、楽しく練習していました。
私も、楽しかった思い出がありますが、いい成績をとった時だけなのです。
練習は楽しくなかったんですね、義務感で練習していました。
今気付いた大問題でした。
2009/11/08(日) 20:24 | URL | ちえ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。