スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒られても好きな人

いたでしょうか。
親、先生、親戚のおじさん、おばさん、近所のおじさん、おばさん、
母はおいといて、父には2回怒られました。
ガツンとひとこと言って、お終い。
普段、何も言わない父に怒られたので、びっくりして反省しました。
何を反省したかは、覚えていません(^^)
怒られても、いや~な感じは残りませんでした。

外では、いい子にしていたので、怒られたことをあまり思い出しません。
中学の先生方に、かわいがってもらったのは覚えています。
集団で怒られても、他人事のようにとらえていました。
私は違う~って、変なプライドが身についていたのかもしれません^^;

大学のクラブ、非常に縦社会の厳しいクラブでした。
一年生の時、しょっちゅう怒られたり、注意されていました。
好きだったかというと、う~ん、よくわかりません。
私が注意する立場になった時は、罪悪感、これでいっぱいでした。
怒ったら、嫌われるんじゃないかと思っていました。
最下位が落ち着くと思っていたのは、こんなところにも原因がありそうです。
年下の人とは、自分から距離をとってしまいます。


母が怖かったのですが、母に好かれるためか、母が好きだからか、
「怖いと思ってはいけない」そう決め込みました。
怒られると怖いんだけれど、そう思っちゃいけない、
このモヤモヤした思いを「怒る人は嫌い」へ変換していたかもしれません。

怒られても好きな人、ということで、怒られた記憶を探していましたが、
私は、好きな人を探して、その人から怒られたことがあるか、こちらの方がよさそうです。
今は、好きな人から怒られた記憶は抜け落ちています。
はまったドラマ「チャングムの・・・」を見ていると、怒られてもこの人は好き、親しみのある怒り方、そういうものは感じます。

そうそう、親しい付き合いなら、同じクラスの子、妹の友達もいましたね。
全く思いつきませんでしたが、りんりんさんに教えてもらいました(^^)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。