スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒(ぬ)!

日曜日、私は夫に怒った。

スーパーの駐車場で、一つのスペースに私の運転する車ともう一台の車が、どちらが入ってもおかしくないような状況になった。
私はいつも譲る、夫はいつもスペースを確保する。
なので、夫が一言。
「トロッ」

実際、私が状況判断をしているうちに、時間が流れていくのはよくあることで、自分でも自分のことをとろいと思っていた。

ところが、この日はムムっときた時に、もう一人の私が頭の中で「今怒るのだ」と後押しした。
で、「いーでしょ」。
どうやら、私の怒りの決まり文句は「いーでしょ」らしい。
「私はとろいのではなく、譲ったのだ」とでも言えたらスマートだな。
夫は言い返さず、私も1分後にはすっきりして、その後は普段通り買い物を済ませた。


話は変わって、
私は、急発進、急ブレーキ、車間距離の短い夫の運転にいつもハラハラ、イライラしていた。
そして、一緒に乗っているだけで、私が恥ずかしかった。
夫の運転で私が恥ずかしいとは、まるで、私の挨拶を気にする母のようだ。
夫の運転は怪しいが私の運転は完璧だと思っているかのような私もいた。

これは、おかしい、何か違う。
夫の運転と私は関係が無いし、私が一人でストレスを溜めているだけだ。
夫の運転はそのまま尊重し、私は気を揉まない、これがやっと最近わかった。



私はどこまでが自分で、どこからが夫か区別がつかない状態でした。
ジョン・ブラッドショー著「インナーチャイルド」によると、共依存に見られる心理状態だそうです。
共依存については、私は自分の状態がよくわかっていません。

ジョン・ブラッドショー著「インナーチャイルド」、P43
自己の感覚を持っていない人には、他人と親密になることは不可能なことです。あなたが自分が誰であるのかを本当に知らないのに、どのようにして他人とあなた自身を分かち合うことができるのでしょう?あなたがあなた自身のことを知らなければ、いったい誰があなたを知ることができますか?

とても心に響いた文章でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。