スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助手席にて

夫の車が台車の時、私の軽でお出かけをしました。
夫は自称運転大好き、私の車で移動する時、当たり前のように運転します。
私は楽チンなのでお願いするのですが、、、

電信柱を避けながらすれ違うような細い裏道に入り、やや急発進とやや急ブレーキの繰り返しに私はムカムカ。
つい「ガソリンの無駄」と嫌味を言ってしまいました。
せ、せこい(≧m≦)ぷっ!

私が大事にしている車を手荒に扱われたと思ったから、怒りがわいてきたのでした。
自分の大切なものは、他人にも大切にしてもらいたい、こう思うのは至極当然ではないかと思ったのです。
夫は普通に運転しているから、私が何を言っても意味不明かもしれませんけど、「優しく運転して」くらいは言ってもよかったな。

仕事で、いろいろ言ってきた人も、仕事を大切にしているから要求が大きいのかも、と思えてきました。
私には、ただ人を支配したいだけでなないように思えました。
「嫌い」という思いは、かなり小さくなりました。
自分を犠牲にしないで協力できる人になりたいですね。
スポンサーサイト
コメント
ちえさんへ
ちえさん、こんばんは。
うちのダンナは、飲み助さんなので、晩ご飯も食べて帰ってくる、というお出かけは、必ず、私の車(私も軽に乗ってます)で、出かけます。
なので、今日、ちえさんが書いてらっしゃるような感じは、しょっちゅうで…ちえさんのお気持ちも、わかります(笑)

「愛車」というぐらいなので、やはり、自分の車は、大切で、愛着も感じています。
だから、ダンナに、手荒に扱われると、私もムカッときます。

>自分の大切なものは、他人にも大切にしてもらいたい。

そうなのですよね。
そして、これは、逆の立場でも同じことが言えるのでしょうね。
それに、「愛着」と「執着」も、全く違いますものね。

大切なことに、気づかせていただいて、ありがとうです^^

あ、漫画のお話…「赤い靴」、私も夢中で読んだ記憶があります。
「SWAN」…お~懐かしい!
私も読んでました。
子どもの頃に読んでいた漫画や本、思い出すと、あったかい気持ちになれますね^^

2010/02/15(月) 22:14 | URL | まるまるまるこ #aN9AbwgY[ 編集]
まるこさんへ
同じでしたか(笑)
はあ~?な運転をされると、夫の車でもムカムカしている自分がいます(笑)
私の車は、私の稼ぎで買った大切な車、愛着ありますね。
ダンナの車も大切にしよう。

「やる前に諦める」感覚、覚えがあるのに思い出せないでいました。
興味が沸いたら、状況が許す限り、やってきたはずだよな~。
あっ、思い出しました。
私がやる前に諦めていたことは「話す」ことでした。
「私の気持ちはだれにもわからない」って、どこかで聞いたフレーズですね。
私は、「誰か私の気持ちをわかって」とおしゃべりになるタイプではなく、無口になるタイプでした。
ブログの交流を通して、私の癖はずいぶん溶けてきたと思います。
こちらこそ、ありがとうです^^

漫画はたくさん読みました。
「アランフェス協奏曲」(確か^^)フィギュアスケートの漫画も大好きでした。
2010/02/17(水) 11:36 | URL | ちえ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。