スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のつぶやき

先日、父に呼ばれて日帰り新幹線の旅で帰省してきた。
夏休みには、家で何とか生活していたが、体調を崩し入院している。
そんな父を母はまだ責めていて、父が可哀想だった。
私は両親がいたわり合っている姿を見たことが無い。
どこの家もこんなもんなんだろうと思っていたので、
「私の両親はいまだにラブラブだ」
と誰かから聞き、結婚後何十年たってもラブラブ夫婦がいると知って驚いた。
これ、私が33歳くらいの時。

私は、優しさを夫へどう表現したらいいのかわからなかった。
優しさが私の中にあったのかも定かではない。
私の不機嫌が夫にもうつっていたのか、私も夫はいつも不機嫌だと思っていた。
ものすごい思い込みの世界だ。
私の周りには黒いまゆの様なものが何層にも重なっていて、事実を見ていなかったんだと思う。
恐ろしい事に、このまゆで自分も見えなかったから、周りにまゆがあったのではなく、私がまゆそのものだったのだ。

ワンコを叱りつけて育てたのも、母と同じように犬育てをしたのだと今なら思う。
しつけ本や先輩の指導のためではなく、私はどう褒めればいいのか、わからなかったのだと思う。
ワンコには、本当に申し訳ないことをしたと思い、今は精一杯の愛情を示しているつもり。

まゆが少し剥がれてきて、言葉が理解できるようになった。
ドラマの何気ないセリフに共感して涙が出る。

まゆにつつまれながら、よく今まで生きてきたと、よく頑張ってきたねと、自分で自分に声をかけられるようになった。
スポンサーサイト
コメント
No title
ちえさんの暖かさに合掌です。

爽やかな春風に出会ったような気分です。

あ、り、が、と、う。。。

2009/09/09(水) 01:02 | URL | Eggi #-[ 編集]
Eggiさんへ
私が暖かいですか?
Eggiさんにやさしい声をかけられて、
私の中の何かが涙と一緒に流れ落ちています。
いつも、ありがとうございます。

また父に呼ばれたので、帰省します。
戻ってくるまでブログはお休みですね。
2009/09/09(水) 08:36 | URL | ちえ #-[ 編集]
No title
ちえさん、今日のつぶやきにとても共鳴しました。
私も今の夫と付き合うことで、
いたわりあい、優しさというものを学びました。

私は母子家庭で育ってるので、父母のいたわりの姿というのは見たことがなく、またどうしても母が当時の社会で働いていく上で男まさりになり、元々の気質で男を見下すところがありました。

今の私もそういうところがあります。
自分で気づいては「いやだな~、母と同じだー、」って何度も反省。
夫はライバルではなく家族ですから、競いあったり、ののしったり、見下す必要は全くなないんですよね。

何年たってもラブラブ夫婦でいられたらいいな~。


2009/09/09(水) 19:16 | URL | プラハ汁 #-[ 編集]
プラハ汁さんへ
両親を見て、どうして離婚しないのか不思議でならない子ども時代でした。
子どものために一緒にいたとしても、私は嬉しくなかったし、
母自身の幸せや子どもより、世間体をとったのだと考えるようになりました。
でも、離婚して解決する問題と、しない問題があるみたいですね。

子どもは親を真似るようになり、
真逆の態度をとったとしても、親を取り込んでいるのですよね。
それに気付いた時から、変わっていけると思います。

いつまでもラブラブ夫婦でいてくださいね~。
2009/09/14(月) 22:33 | URL | ちえ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。