スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーちゃんが小さい頃

おウチにやってきた時、両の手のひらに乗るくらいの小さな体でした。
おウチの子が来た~と喜んだのは一瞬で、寝ている間は天使でも、起きると噛みつきギャングに変身。
私たち夫婦の動かした手足をカプカプと、容赦なく噛みつきました。
この段階で、私はすでに育犬ノイローゼ気味。
お散歩を開始してからも、動くものには飛びかかり、リードはぐいぐい引っ張り、
どうしたら止めさせられるのか、どうしたらいいこになるのか、このワンコを選んだのが間違いだったのでは、
私はそんなことばかりを考えていました。

躾けて言うことを聞かせればよくなるだろう、生後半年の頃から躾教室に通い始めました。
指示語、コイ、スワレ、など、言葉は理解したものの、通用するのは誰もいないところだけでした。
人、ワンコとすれ違う時、ダーちゃんはものすごい緊張状態で、私の言葉は届いていなかったのです。

4年が過ぎ、家の中ではイタズラもしない、いい子になりました。
家の中でも、こんな子になって欲しいという要求はありましたが、私は比較的穏やかにしていたと思います。
外では、動くものを追いかけたり、ワンコを攻撃するダーちゃんの事を、どう思っていたのか、記憶の糸をたどると、
意識があるところでは、「叱れって先生に言われたから、叱らないとよくならない」
実は、叱れる飼い主をアピールして、犬が悪いんですと印象付け、
無意識のところで、「私の言うことを聞かない、おまえがイケナイ」と大怒り。

母のようにはなりたくないと思い、いつも穏やかないい人でありたいと思っていたのに、
私が我慢して溜めこんできた思いを、弱者のダーちゃんに思い知れとばかりにぶつけた、
被害者が加害者になるとはこのことか、と愕然とする思いです。

躾教室には、約20匹のワンコが集まっていたのですが、ダーちゃん程の犬嫌いは見たことがありませんでした。
犬の操作技術において、私が劣っているとは思わず、躾方法に疑問も持たず、
きっと、ダーちゃんが特別なんだ、ダーちゃんが悪いんだ、犬より私のが偉いもん
穴を大きく掘って入りたい・・・^^;
私に叱られながら、ダーちゃんは私の思いを受け止め、ダーちゃんは私を支えてくれました。
今も、支えてくれています、もう叱ることは無くなりましたけど^^

Eggiさんのブログに出会ったのは、4歳半の時でした。
優しいしつけ、支配と服従の関係ではなく、信頼関係で結ばれた人と犬のことが書いてありました。
ダーちゃんに、ごめんねと謝りながら、涙で読んだ記事がいくつもあります。
それでも、私は自分に心があることは知らなかったので、やさしい方法を実践すれば、何とかなると思っていたのです。

長くなりました~、続きは次回にいたします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。