スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お世話になりました

楽だけを経験して生きてきた人はいない
当たり前のことを、忘れる時がありますね

過去のことを、肥やしにして生きる
そんな生き方がしたいと思いますが

寿命80年と思わずに
今を生きたいと

過去を生きている私は思うのでした

なんか、最後みたいですが、細々と続けていきます。

きもの教室

着物きつけ学院主催のパーティーがありました。
秋から16回の教室で、きつけは終了しました。
後ろ姿だけ、披露、じゃ~ん


きもの~


当然、私が自分で着たのですよ~♪
髪の毛とメイクはプロにお願いしました。
細いお方は、タオルを何本も巻いて体形補正をなさるのですが、私、自前の体形で補正要らず、ホホホ~。
服装の力を借りて、自己肯定感を高めてみました。
大成功です。
この日は、ホテル内だけの着物姿なのが残念でした。

お手軽な着物でお手軽な外出ができればいいと思っていましたが、毎日のワンコの散歩は着物ではちと苦しい。
なので、気軽な着物で外出は、数回に留まっています。
気が付いたら、お呼ばれにも行ける着物を買っていました^^;

これからさらに8回の教室で、着せつけ、人様に着せることを習います^^
その先には、別コースで、帯結びのコースや、立ち居振る舞いのコースなど、いろいろ用意されています。
商売上手だわ~、別コースに通っている自分が想像できちゃいます。

今年最後の日

自分を知ることに、多くの時間を割いた一年でした。
自分の中に、認めたくないものがたくさんあることが、わかってきたような。。。

今年の事件の一つ、今年の仕事に必要だったので、携帯電話を持ちました。
持ってみると、仕事以外でも、あってよかったと思う時や、あると安心と思える時がありますが、まだ、携帯を見ると恐怖感があります^_^;

来年は、もっと自由な自分を手に入れたいですね!(^^)!


今年は父が亡くなり、社会通念では年賀の挨拶を遠慮します、なのですが、私はネット上では気にしないことにしました。
実際、年賀状のやり取りをしている友人には、年賀欠礼はがきを出しました。
年賀状だけのやり取りでも、楽しみにしていたので、淋しいです。

父との暖かい思い出が新たによみがえり、近くで見守ってくれているように感じます。

それでは、皆様、大変お世話になりました。
良いお年をお迎えください。
来年も、よろしくお願いします(^◇^)

まだありました

好きな食べ物を、また思い出しました。
炊き立てのご飯に、バターを乗っけて、しょうゆをちょんとたらして食べます。
もう一つ、ご飯に、天かす、鰹節、ねぎ少々、これにもしょうゆをたらして食べます。
父の夜食メニューだったのではないかと思うのですが。
このご飯の食べ方、好きでもあり、美味しいです。

ですが、自分一人の食事の時でも、食べようとしてこなかったのです。
父と私でバターしょうゆご飯を食べていた時、母がいい顔をしなかったのを覚えているからでしょうか。

みのさんに紹介された食品を買いに走ったりはしませんが、
カロリーが高く、健康に良くないと、私が思っている、油物、甘い物、
これらの食品を私が好きであるはずが無いと思い込んでいたことは確かです。
体形のことなんか気にしないわ~と思いたい自分がいるのですが、
ちょい太め、も、相当気にかけているということかも。

マックのフライドポテト、好きですね~
フィッシュアンドチップス、美味しい。
イギリスの名作料理だと思うのですが、白身のお魚のてんぷらと、フライドポテトです。
生クリームを添えたチョコレートのパウンドケーキが、甘い物ではダントツ。
マックのフライドポテトは父との、
フィッシュアンドチップスは、たった一人のリアルな友達との、
チョコレートケーキは、学生時代のバイト先の、
暖かい思い出と一緒に、好きな食べ物が出てきました。

すでに、自分を出さずに、相手の意に沿うように生きていた頃の思い出ですが、
私は認めてもらえていたのだ、と思える、暖かな思い出です。

パソコン、なおりました♪

約2週間、パソコンのない生活をしていました。
休息することに、とても満足した気がします。
グータラもオッケーな生活をしていたので、パソコンなしもいいじゃな~いと思ったのですが、ちょっとした調べ物ができなかったのは困りました。

ブログを離れて思ったこと、
自分の心を確認することが少なくなりました。
他人のブログを読んで気付くことができなくなりました。
この点で、ブログの偉大さを再確認しました、寂しかった~。


さて、パソコンが無い間、何をしていたかと言うと~
1、2カ月から、外に出て人と接したい、働きたいと思い始めていました。
ブログ巡りをしていると、疑似体験をしているようで、その思いがどれ程のものか、私にもよくわかりませんでした。
働かずにはいられない、と言うほど強いものではありません。
失敗してもいいから働いてみたい、止めたいと思ったら止めようと思いました。

コンビニなどにおいてある就職情報誌をパラパラと眺め、オヤッと目にとまった会社に連絡を取ったのは、パソコンが壊れる二日前でした。
あれよあれよと言う間に採用が決まり、働き始めています。
派遣で、ホテルの接客サービスです。

一番の気がかりは、ワンコのダーちゃんでした。
私が在宅の方が、ダーちゃんは落ち着いていられるのは承知しています。
ダーちゃんのために、私が働くことをあきらめ、そのイライラがダーちゃんに向かっていくのは避けたい。
なるべくダーちゃんに負担がかからないように働きたい、と思いました。

ダーちゃんをお留守番させ、ただ一人で外に出たいのか、
働いて、お金を稼ぎたいのか、
人と話をしたいのか、
今の感覚では、4:2:4くらいでしょうか。
お留守番をさせているという罪悪感は、おやつを渡して「お留守番お願いね」と声をかける時に感じます。
この罪悪感は、何なんでしょう、自分を正当化するためでしょうか。
でも、それ以上に、働きたいと思っています。
好き勝手するお母さんを許してね、とダーちゃんにはお願いしています。
実際、仕事中は全て忘れていますが、これは逃げているのか???

一日5時間程度、週3日を自己申告して、それをもとに会社から仕事が割り当てられる仕組みです。
ホテルのレストランの接客なので、働くのは夕方から夜です。
夫の食事は早く作っておき、「チンしてね~」。
以前なら、罪悪感でいっぱいだったでしょう。
今は、感じてないのですど、ホントかなって、自分がよくわかっていないですね。

日曜日は昼から夜まで働きました。
これも、以前なら考えられないことでした。
夫の休日には一日中つきあう、これが当たり前だと思っていました。
ダーちゃんは夫に任せて安心して外出、夫がどう過ごすか、気をもまずに家を出る、こんな経験は初めてです。
ウキウキでした。

夫は、え~!それはしない方がいいでしょ、という行動を、時々ですが、ダーちゃんに対してとります。
そんな夫を変えようと、躍起になっていた時期もありますが、今は、夫にお任せ状態です。
その場で説明できる話術も、余裕も、私にはありません。
ダーちゃんは、夫と私の違いを心得ているので、夫に対する反応と、私に対する反応は明らかに違います。
それを夫が気付いてくれるかどうか。
私は完璧な母ではないですが、あなたよりマシと思っています。
あ~、上から目線だわ。

おっと話がそれました。
4回お仕事に行ってきました。
また次の記事で書こうと思います。
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。