スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情の解放と感情の一致は違う<ACアダルトチルドレン> 追記あり

セッションで出てくる言葉です。
感情の解放
感情の一致

どちらも、感情を感じるという意味で、私はこの二つを区別せずに受け取っていました。
しかし、感情の解放と一致は違います。

はじめは、もやもやだけでわからずにいたなにか。
それが、タイムラグを発生させずに怒りを言えた時が、
感情解放できたとき。
怒りだけでなく、「美味しい」「楽しい」などを言えた時でも、同じです。

「感情を感じている」
けれど、抵抗があり言えないという時期を経て、
「解放」に至る。

さらに、解放し続けると、
「一致」に至る。
記憶と言葉と感情が一致した瞬間。

コミュニティで、腰に手をあててスキップするという宿題が出たことがありました。
そういえば、あったっけ(;・∀・)
はじめは、なんか楽しい?
楽しいかも。
「楽しい。」
スキップを繰り返すうちに、感情が一致し始め、
スキップするだけで、過去にスキップして楽しかった記憶がよみがえり、
「楽しい」と言える。
こんな感じでしょうか。
おかしいところがあったら、突っ込んでください^^;
一致した感覚が希薄なもので。



ここから、違いがわからずにいた頃の私の第三者委員会↓
私は感情を感じているはずなのに、
恐怖感を捉えていない=一致していない、
ということは、本当に私は感情を感じているのか。
恐怖感は感じていないけれど、楽しいは感じているということなのか。
頭の中は大混乱を起こしていました^^;


追記:
「私はこの食べ物が好き」という感覚は一致しています。
私が「好き」と胸を張って言えた最初の食べ物が「肉まん」でした。
おばさんが肉まんをお土産に持ってきてくれて、たらふく食べたことが、
嬉しい感覚を伴って思い出として出てきたときでした。
肉まんが好き、という感情が一致した瞬間です。

私はベジタリアンから出発し、ベジタリアンの壁を壊し肉食になり、
お肉が美味しいと言えるようになり、
今では、
鳥の皮が最高に美味しいと言ってます。
「美味しい」と言ってこなかったので、言い方がこっけいだとセッションでは言われますが(;´∀`)

新たに設けた料金についてお知らせします

こんにちは、プロ活動を始めて一か月が経ちました。
早い早い。

あなここインターン活動の料金を、もう一度お知らせいたします。

先月、個人セッション1時間1000円のお知らせをいたしました。
それに加えて、複数人で話すことがありましたので、今月から新たに料金を設けます。

個別 1000円
お二人で(トリプル) 700円
三人以上のグループでお申込み 500円

を、お一人さま一時間の料金に設定いたしました。

料金計算方法 個別で2時間10分の場合
       1000*2+1000*10/60=2166

請求時、一円単位は切り下げます。

請求先アドレスを伺いますので、よろしくお願いします。
数日中に請求書を発送する予定です。


来月から、産カウ講座が始まります。
予定をよ~~く見たら、ほぼ毎週末。
忙しくなりそうです。
気持ちに余裕をもって、
生活にうるおいを足していきましょう^^



メールの返事が欲しい<ACアダルトチルドレン>

メールを書いているとき、
返事が欲しい
と思うことはよくあります。
約束ごとの連絡では、求める返信はわかりやすいと思います。
期待した返信が来なかったら、聞き返したり、確認をとったりするでしょう。

ところがどっこい、
私が書く、一見、返事を求めていない文章でも、
返事がほしい
と思っていることが多々あるのです。
私の尋ねていることがおかしいと知ってるので、
文章の中にこっそり忍ばせるのです。
すべて無意識です。

例えば、どうすればいいですか?
という質問に答えがないのを知っているので、書きません。

答えは何ですか?
人に聞く前に自分で考えることの重要性はわかっていても、
教えてほしいと無意識は思っています。

それが文章に現れてきます。
私がやっている手法は、
自分で質問を用意して、
こう思うと自分で答えを出しておくことでした。
無意識では、正しいですかと聞いているのですが、
文章は、自分で質問を出して、自分で答えて完結。


先日は、
執着ってなに?こうこう
では愛着って?こうこう
という文章を書いていました。
無意識で、言葉の意味は正しいですか?と問いかけていました。
本来、理論を積み上げるのではなく、
私はどういう状態か?
を感じることだったと思うのです。

メールで私は何を言いたいのか、は
相手に内を望んでいるのか、を考えてみると
見えてくることがあるのではないかと思いました。

お知らせ

2月からカウンセラーになり活動するにあたり、
セッションルームの名前を考えています。
まだ決まっておりません。^^;
「あなぶん」あなたの心を分析します
という、候補もあり( *´艸`)


セッションの希望がありましたら、
直接私にお申し込みください。
平日午後2時以降、夜は毎日9時以降、
が、セッション可能です。
一時間千円です。

クライエントお一人お一人と一緒に考え続けるカウンセラーを目指していきます。
どうぞ、よろしくお願いします。

ちえ

私が分析(うっとり)記事を書いていた頃<ACアダルトチルドレン>

あなここに入って約2年間、私の記事は自己分析をしたものが多かったです。
当時は感情を分析で逃していると言われていたのですが、感情というものがわからなかったので、
感情を逃すってどういうこと?
逃すと言われてもいったい何を逃しているんだ?
という状態だったという記憶があります。

あなここでセッションを始めてから約9カ月間、理論と自己分析で、回復した自分というものを想像して演じることをしていました。
回復した自分だけを外に見せているつもりでした。
人と話すのは嫌、セッションだけで回復するにはどうすればいいかを考えて出した答え
ちゃうな、誰とも話さずあなここに居続けるにはどうしたらいいか、こっちが正解です。
気持ちと言葉は常に一致していない状態で、9カ月いい子を演じて自分が変わっていない事にも気がつき、
変われと言われても、変わるために演じていると信じて疑わなかったので、納得がいかず、
ちょうどその時、あなここから休止システムの話も出て、
止めさせられるくらいなら、こっちから止めてやる~
↑私の変換
という勢いで飛び出したわけです。
いったい私は変わりたかったのか、変わりたくなかったのか・・・
飛び出す前は、私は何もしません、私を変えてください、あなたが変わってください状態^^;


分析中は、私わかっていますという自分に酔っているか、分析しまくる自分の存在をブログで他者にアピール。
これが私のうっとりのひとつです。


回復した自分を想像して演じていつか回復できるのだろうか。
まだ回復していないのに回復した人のことをどれだけわかるのだろうか^^;
回復とはなんぞや。

あ、話それましたが、うっとりから過去の私を思い出していました。

ついでにつけたすと、うっとりに入った瞬間をとらえることができたら、うっとり入った理由がわかったら、恐怖の感覚に近づけるのではないかと想像中です。
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。