スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒った~^^

私は悪くない、怒ってもいい
初めてそう思った。

「はい」と返事はした。
おざなりだけど。
そして、がお~と心の中で火を噴いてみた。

そのあと、笑いがこみあげてきたのは、
ほんの少し前に、別の人と、
「あの人と朝から2回も話ししたよね」などと、会話をしていたので、
私が理不尽に怒られた、注意された、ということを、わかってくれている人がいたから。

味方がいるということが、こんなに気持ちを落ち着けてくれるものだとは

行き違いがあったとは思う。
私が、もう少し念を入れて確認をしておけば、防げたかもしれない。

聞いた方がいいのか?言った方がいいのか?、と思ったら、口に出す、言い方に注意、
これ、職場での課題\(^o^)/

褒められるということ

先月中旬から、午前中、働いています。
スーパーの裏で、お弁当を詰めたり、惣菜を作っています(^^)

また、思いがけず、となりの部屋から、声をかけられました。
別の部署の方で、顔を見たことあるかも?程度の方です。
「○○はもう覚えたんだね」
こんな感じ^^;
それがまた嬉しくて(T▽T)

この感覚が、前はなかったのです。
褒められたのはわかるけれど、褒められたとは思わなかった。
むっつりするのも変だから、笑っておこう。。。

○○ができるのは当たり前、それを褒めるあなたはどうかしている

そう、思っていました。
傲慢、優越感、だったのかもしれません。

今回も、本当に簡単な作業で、できて当たり前なのですが、
別の作業をしている方、私の上司でもない方が、
私が、新人なのを知っていて、声をかけてくれた、
褒め言葉も だけど、その気持ち、心遣いが嬉しかった。


過去、なぜ褒められた気がしなかったのか、褒められても嬉しくなかったのか、
私は、できて当たり前
(あなたが褒めるのも当たり前・・・(*_*; )
という気持ちがあったから、褒められたことを自分で打ち消していたのだと思います。
相手の気持ちを知らなかった、知ろうとも思いませんでした。

できて当たり前、これも、傲慢に感じますね。
今は、人には、出来ることと、出来ないことがあるって、頭ではわかっています^^;

よく、認めてもらうために、何かをしていましたが、
認めてもらって当たり前
あなたが認めるのは当然
そういう気持ちがあったので、
認めてもらった、私はよくやった、ということがわからなかったし、
嬉しいという感覚も気持ちも湧かなかったのだと思います。

ACならでは、の思考? じゃあ認めてもらおうと思ってはいけないのか?^^
良い、悪い、思考からは抜けようと思っていますが、どうなんでしょうね。

今、考えていることは、
認めてもらうために、という気持ち、認めてもらうために何かをする
認めて欲しい、という気持ち、何かをして認めてもらったら嬉しい
この二つには、違いがあるのではないか、ということ。

とりあえずは、
相手のあたたかい気持ちを、素直に感謝することができた
ということで^^




職場の人

職場で、苦手なタイプ、理解できない人がいると、以前書きました。
どんな感じの人たちかと言うと、批判的なことを言う人なのですが、
私は、そんな人たちに嫉妬をしていたのでした。
批判的と言っても、私も言いたい事だったら応援したい気持にもなるのですが、

私は我慢してきたのに、なぜあなたはそんなことが言えるの
許せない
悔しい

小さいころから、これを言ったらお終いだと思っていて、口に出すのを我慢してきたことを、普通に私に向かって言い放つ人たちを目の前にした時、
理解できないと思っても、不思議ではない、ね。
彼らは、自分に素直な人たちなのか。

私が我慢してきた分だけ、他人にも同じ我慢を要求し(無言で)、
その願いがかなわないと、イライラすることを繰り返してきたのですね。

私が感じた怒りや、嫉妬、出所を探るのに、時間がかかるんだけど、
その場で自分が受け止めてあげないと、行き場がなくなっちゃうね。
イライラの原因が分かって、とってもすっきりしました。
きっかけを作ってくれた、職場の人たちには感謝です。

凹み終了

凹みモードが一日でほぼ終了というのは、画期的なことかも。
原因は、はっきりしていました。
会社で、ぐちぐちと言われまして、
キーという思いを抱えながら、ハイハイと聞いていました。
私が悪うございましたと、自分を責めたり、でも、だって、と言い訳もしましたが、
その場で、怒りと悲しみを感じたのは良い傾向ではないかと。
怒りは相手に対して、悲しみは母に怒られた時に感じていたものだと思うのですが、
目の前の相手が、私を認めてくれなくて悲しかったのね、たぶん。
今はそんな自分を責めることは止めましょう。

ぐちぐちの人に対して、陰で一緒に怒ってくれた人もいて、
職場では、支配的な人が多いだろうと思っていたので、いい方向へ期待外れでした。


家に帰り、何が正しいのかグルグル思考にはまっていました。
懲りもせず、正解を求めていました^^;

今日、私の気持ちがはっきりしてきました。
「私はあなたの人形ではない」私の怒りは正当なもの。
ただ、本人にぶつけて解決しそうもないので、私の怒りは私が聞き、認めることにしました。

あなたは嫌いオーラを出して、一緒に仕事できるのでしょうか、不安。
これまでは月に1回のペースでしたけど。
もしかして、あなたは嫌いって、「私を好きになって~」と、その人に執着しているってことでしょうか。ガ~ン



こんな時、ワンコの散歩はいい気分転換になります。
ダーちゃんの背中を見ながら歩くときは、幸せ~な気分です。
この幸せ気分にたどり着くまでの葛藤も、今度書きます。

お仕事

私の仕事は、ホテル宴会場の配膳サービス、後片付けと次の宴会の準備です。
わからないことは、素直に聞くよう努めていますが、この間、
「これでいいんですか?」
と聞いたのです。
文字にすると、強烈・・・

帰ってきた答えに、毒を感じたのです。
その時は流しましたが、夜、よくよく思い返してみると、「間違っているんじゃないんですか」という心が隠れていました。
上から目線のやなやつ、と受け取られても仕方がない。
私が正しい、あなたは間違っている、という姿勢が、知らず知らずのうちに出ていて、がっくり。
「私は正しい」、の奥には「私を認めろ」または相手を従わせたい、この思いが潜んでいるような気がします。


仕事を始めて2か月がたち、名前と顔が一致する人が増え、私の名前も覚えてもらい、もう、私が否定されている、拒否されているという感じは受けなくなってきました。
苦手だと思っていた人は、私を否定してはいない、そう思えます。
これは、時が経ち、その人のよい面も知ったせいなのか、私が考え方を変えたのか、私が変わったのか、よくわかりませんが、まだ「やめてやる~」とは思っていません(^^)
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。