スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母に復讐してやる<ACアダルトチルドレン>

私は、過去を振り返り、母に対して怒りがほとんどわきませんでした。
母に怒られたくないので、母を怒らせないように、
私の意思で母の意に沿うように、いい子をしてきたので、
私が決めたことだから、母のことをとやかく言う必要がないと思っていました。


先日のセッションで、唐突に言われたように感じました。
「復讐して満足してる?」
あ!!!!!
満足感、してやったり、にんまり感があります。
私が子どもを生まなかった理由は、
そもそも子どもが嫌い30%、母を喜ばせたくない70%
母に孫を抱かせてなるものか。
喜ばせてなるものか。
私は子どもを生まないことで、母に復讐をして、
見事、復讐を達成し、満足感を味わっていました。
これが、私の最大の復讐です。

表向きは、結婚して親を安心させ、
裏では、復讐。


母から怒られないようにしていたのは、
母は怒ることで満足しているんじゃないかと考えたからです。
私が母の意に沿うことで、母は怒る機会を失う、
私が怒りの種を差し出さない、それが私の復讐。

表向きは、母の望むいい子になって、
裏では、復讐。
怒られないという、私にとってのメリットもついてきます。

母に満足感を与えないように、全身全霊をかけていたとは。
復讐をしたことで、私が満足していた。
自分の意思を出せない怒りを、満足感で消していた、
ぴたりとはまりました。

なんてこったい。
自分の人生を歩んできたつもりでした。
しかし、復讐にかけた人生だったとは。

私が平静を装うのは、私が母から怒られてアワアワしたら、
失敗した~と思ってあたふたしたら、
母は、私のダメなところをさらに突き、倍返しがくる。
それこそ、母を満足させる、母の思う壺、と思ったから。
私は母へ満足の種を与えず、ひとりほくそ笑む。


一方では、母の意に沿い、自分の意思を出せずに窮屈な思いをし、
一方では、復讐の快感を捨てきれずに復讐し続けた。
どうにも動けない綱引き状態でしたが、
私は復讐することで満足し、メリットを得ていました。
だから、私の望む人生を歩んできたと言えます。
母のために、こんな人生を送ってきたのかと思うと、脱力です。

悲しいでもなく、悔しいの一言では終わらず、
まだ、私の感じる力、表現力が足りません。

私の復讐は、母を満足させないことです。
私がへんちくりんな人になったことに、どんな復讐のからくりがあったのか、
これからじっくり考え感じてみるところです。
小学校の卒業アルバムに、編集者からの一言で、
私はちょっと変わっているけれど面白い、と書かれていたことを思い出しました。


以前、自堕落な生き方で親へ復讐している記事を読みました。
アダルトチルドレンへの処方箋~主体性の欠如
この記事は、当時の私にとって、受け入れがたい文章がちりばめられていて、
スルーしました(笑)
今でも、受け入れがたい文章はありますが、方向性はあっていると感じます。

夫に対して、私がどんな復讐を企てていたのか。
これから細かく検証せねばなりません。
自分の人生を取り戻すために。

続きは、アメブロに。

落ち着いた(笑)

産カウの試験結果、合格通知がきましたヾ(@°▽°@)ノ


ほっとして、数年ぶりに犬ブログを更新しようと思ったら、
私の問題にいきついた(@_@。

私は、私の理想の犬でいるダーちゃんはOKで、
私の理想の犬でないダーちゃんはNG。
頭では、理想の犬なんていないと理解していても、
心では、理想の犬でないことにイライラしていた。
いまでもその状態が続いている、
と認めざるをえない。

理想の私ならOK、と母が私に対して考えていたであろう。
私も犬に対して、同じことを考えている。
一年前は新発見だった。
今回は、腑に落ちたのか、様子見。

そんなこんな、整理出来たら記事にしたいと思います。



尋ねる<ACアダルトチルドレン>

夫が怒っていると、私が10回思ったとしても、
実際怒っているのは2、3回だと言われていました。

夫に敵意があると、私は思い込んで、
敵意として10回受け取っていたけれど、
そのうち半分以上は私の見方が間違えていたんじゃないの。
到底受け入れられるものではありませんでした。

「怒ってるの?」と夫に尋ねたことが、たびたびありました。
夫が怒っているのか、どうかを知りたかったから、より、

私が怯えているのは、夫が怒っているから、
を証明したくて尋ねていたのだと思います。

だから、「怒ってない」という返事が返ってきて、
私がぶす~っとしていたのは、
夫が悪い、私が正しいを証明できなかったから。

「そんなのうそだ、怒っているに決まっている」

怒りながら「怒ってるの?」と、きいていたようなもの(^-^;


私は夫を悪者にして、夫が怒っていたことにしていたのだけれど、
ホントのところは?私の気持ちはどうだったのでしょう。

私は清く正しく美しいので、敵意なんて持っていません、
という顔をしたかった。
だから、私が敵意を持っているのではなく、
夫が私に対して敵意を持っていることにした。
ホントのホント、私が敵意を持っていたんじゃないの、でした。
敵意がいけないのではなくて、
人のせいにしていることが、問題だと思うのです。

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

プロ化して二年目に突入しました。
至らないところは山ほどありますが、
約一年、続けてこれました。
どうも、ありがとうございました。

今年も、みなさんと一緒に考えていくこと、
一生懸命努めていこうと思います。


そして、楽しいことを探して、チャレンジの年にしたいと思います。
どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

ちえ

特定商取引に関する表記

氏名
 堂崎千恵

お問い合わせ
 Email chiedzk@yahoo.co.jp

カウンセリング日時
 お客様とメールにてカウンセリング日時を決定します。

お支払い金額
 1回目のお試しライン、2時間2,000円
 
 2回目以降、1時間2,000円



代金支払い方法
 銀行口座への振り込みを、前払いでお支払ください。
 恐れ入りますが、振込手数料はお客様のご負担にてお願いいたします。

キャンセルについて
 前日までのキャンセルは、振込手数料を差し引いて、全額お返しします。
 当日のキャンセルは、半額頂戴いたします。
プロフィール

ちえ

Author:ちえ
49歳、既婚、夫、犬一匹と、広島県で暮らしています。

私自身の生きづらさがあり、AC回復のセッションを、2010年4月から「あなここ」で受けてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
twitter
ranking
ポチポチありがとう(。・ω・。)

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。